MC
木星
木星

財運、仕事運に関してはかなりの幸運を持っています。最も憧れられる星並びの一つです。もともと資産家の家に生まれていたり、就職にはラッキーなほどいい会社に入れるなどの運気をもっています。変な言い方かもしれませんが、“実力以上の財運、仕事運がある”感じになります。分かりやすい言葉では、“その学歴で、あの大企業に入れたの?”と周囲に言われたりします。女性の場合は、玉の輿で結婚することもあるようです。医者や弁護士といった職業の人と結ばれ、周囲からは“よくあんな立派な人をゲットできたね”と言われたりすることもありそう。社会での拡大が期待できる人です。性格は大らかで陽気。大ざっぱさもあります。人に尊敬されたりという気持ちもあります。自分を大きくしようという気持ちもあるので、時にビックマウスになっていることもあります。気が大きくなり過ぎたり、大らかになり過ぎて、少々非常識なことを行動するかもしれません。大物になりたいという願望もあることでしょう。成功のためのビジョンもきちんと持っていることでしょう。そのため、導いてくれる人たちを必要としています。一方で哲学や宗教にも関心を寄せていくかもしれません。倫理、法律、旅行、外交、ジャーリズムにも興味を持ったりもします。出世するために文化的つながりを活かそうとします。

未来予測(ダブルチャート:MCにトランジットの木星が重なる時)
木星には拡大、財運、冒険という意味があります。その木星が社会との関りや職業、ステイタスを意味するMCに乗ってくるのですから・・・社会的な面で、広がりができ、財運、仕事運が上がる時であります。職場での昇進、ビジネスの拡大、転職、家の購入などがあるかもしれません。充実したラッキーな時期には違いありません。支援を受けることもあるでしょう。出世したり、棚ぼた的に臨時収入があったりします。有益な人物との出会いがあったりします。それまで昇進やビジネスの拡大を準備してきた人には、それが達成されるチャンスが訪れやすいです。ただし、仕事の量が増加したりしますので、信念を持って、任務を完了させることに専念しましょう。この時期の行動は、ビジネスの良い評判を確立する上で重要になります。幸運なチャンスが訪れ、この時期の進歩はスピードが速く、気分もおおらかで、冒険心が湧きやすいです。多くのチャレンジをするかもしれませんが、あまり調子に乗り過ぎると手に負えなくかもしれません。木星は拡大を意味しますが、時に“多過ぎる”こともあるのです。新しいアイデアを取り入れるには良い時期と言えます。自分自身への過大評価には気を付けましょう。
MCに木星というのは、イメージ、インパクトとしては強く、力強くよく当たりそうな印象がありますが、ただ私の鑑定の経験では、最高潮というほどではないですね。“この時期は良かった”と実感している人もそれほど多くなかったりします。半分くらいの確率でしょうか。この時期は全体的な流れを明るい方向にしたり、記憶に残るような仕事をしているかも、という程度だったりします。あまり期待し過ぎない方がいいでしょう。

相性鑑定(シナストリーのダブルチャート)で、自分のMCに相手の木星があれば、その人はあなたに財運、仕事運を持ってきてくれる人か、世界を広げてくれる人です。財運を上げてくれる人ですので、仕事相手や取引先がこんな人ならば、ラッキーパーソンと言えるでしょう。夫ならば、経済的な豊さを与えてくれることでしょう。