IC
木星
木星

楽観主義者。自意識過剰。傲慢さを心の中に持っています。海外や宗教への関心、憧れが高いです。哲学や思想への興味もあります。外国の料理が好きかもしれません。外国人との生活に憧れているかもしれません。ぼーと考え事をしている時間や瞑想なども好きかもしれません。個人的な生活を仕事よりも大切にします。大らかな性格で、自分に甘いです。大ざっぱ。忘れ物も多いかも。宗教的、哲学的な親の下で育っているかもしれません。倫理観、道徳観について強く意見を持っていたかも。家庭は裕福な星並びと言われます。そのため、安心でき、文化的な環境に恵まれたことでしょう。親は、この人のためにはお金を出すことに惜しむこと無かったことでしょう。過保護かも。家族を通じての幸運を享受しているのでは。親のどちらかは、知識が豊富な人、もしくは極めて自己中心的、一攫千金狙いの人だったかもしれません。 ICの点にあっても、あまり外、社会的に出ることはないのが通例ですが、私が鑑定した男性は、IC木星の人で、海外勤務もよく経験し、一方、僧侶としての名前も持っている人がいました。海外と宗教の両方をされていて、それが普通に目に見える形で出てしました。ということで、歳を重ねると、社会面、外面に出てくるかもしれません。

未来予測(ダブルチャート:ICにトランジットの木星が重なる時)
ICは家族、家、精神に関わるアングルです。そこに拡大、財運の木星が通過して作用するとイメージしてください。家族と一緒にいると、温かく居心地が良くなります。快適です。気持ちが良くなり、大らかになります。幸福感があります。特に家庭に関することに、寛大さや幸福感が強く出ることでしょう。家をリフォームしたり、引っ越しということも起こるかもしれません。家族が成長の時でもあります。家族が増えることもあるでしょう。両親や祖先に関心を持ち、ファミリーヒストリーを調べ出こともあるでしょう。家でビジネスを始めたり、家で何か創造的なことをしているのかもしれません。家にいる時間が長くなっているかも。家族との関りが多くなるでしょう。会社を辞めたりして、活動拠点を家にしていることもあるでしょう。不動産、家や家族に関して幸福度が高く、またいい意味で変化も起こりやすくなります。

相性鑑定(シナストリーのダブルチャート)で、自分のIC上に相手の木星があれば、あなたに広い世界を見せてくれる相手となるでしょう。木星には拡大、手の届かぬ世界という意味があります。より遠くの世界を見たくなるような気持ちにさせてくれる人です。木星には財運という意味もありますが、ICでは財という形では出ないようです。