太陽
太 陽
太陽
太 陽
このサイトの上手な使い方として、上の記号をクリックすれば、リンクされていますので、そのページに飛ぶことができます。クイックに使いこなしましょう。

特定の時期の運気を診るダブルチャート(ネイタル×トランジット Natal-Transit)で、生まれた時の太陽と現行の太陽がソフトアスペクトの時、特に0度の時は、誕生日を意味していますが、生命力、勢い、バイタリティ、向上心が高まります。誕生日などは、年齢を1つ増やす度に、心機一転することが多いのですが、それも星の影響なのでしょうか。新しい計画などをスタートさせるには、良い時期です。支援も受けやすい時期でもあります。でも、現実には実感にしくいアスペクトですね。
ホロスコープは円なので、1周360度です。1年は365日です。円が360度なのは、実は、星占いで太陽の位置を探りやすくするためなのです。およそ5000年近く昔、円の図形を360度で区切ってしまえば、1日に1度ずつ、太陽が動く図形ができるからでしょう。このホロスコープと図形は、太陽が1年をかけて一周する時計のようなものなのです。いわば、暦、カレンダーのようなものでもあるのです。その後で、数学の幾何学はこの星占いで使われた図形と角度を用いたのです。さすがに365で区切ると図形がややこしくなるのと、5000年前の当初は、一年が365日と測り切れていなかったのかもしれませんね。
ですから、吉角になる日を知るのは簡単で、60度、120度になる日・・・これを考えると、自分の生まれた誕生日の2か月後、4か月後、8か月後、10か月後がちょうど吉角になる計算になります。

ダブルチャート(ネイタル×トランジット Natal-Transit)で、生まれた時の太陽と現行の太陽がハードアスペクトの時、社会的なトラブルが起こりやすくなる時期です。バイタリティも弱まっています。この時期、他人と争うのはあまり良くなく、何事も控えめにしておいて、心身とも休めるぐらいの気持ちでいましょう。
凶角になるのは、90度、180度ですから、自分の誕生日の3か月後、6か月後、9か月後となります。

相性鑑定(Compatibility appraisal)で、太陽がソフトアスペクトならば、価値観が合いやすい相手ですね。すっきりと話が合いやすいでしょう。太陽が180度位置ハードアスペクトの場合は、育った環境、背景が全く違うというイメージを持つことになるでしょう。そのために価値観のズレを実感するかも。一方は貧乏育ちで、もう一方は裕福とか。一方は自由奔放の家庭、もう一方はひどく厳しかったとか。ただし、これは必ずしも悪い相性とは言えません。ただ価値観が違うだけで、違和感を感じることはあることでしょうが・・・。