太陽
太陽
海王星
海王星
理想主義者、夢見る夢子

海王星は感情、感覚、ロマンチスト、理想主義、想像力、夢想家、博愛精神の星です。また無意識や霊界からのメッセージを取り入れる、スピリチュアルの力も意味し、その力を有効に使う人もいれば、翻弄される人もいます。太陽と重なるとその面が強くなるのですが、強くなり過ぎると厄介なのです。

シングルチャートで、太陽と海王星が吉角を形成すると、芸術面などでは才能のある人となります。博愛主義者で、心優しい面もありますが、どちらかと言えば、夢を見て生きる人という印象が強くなるでしょう。理想主義者。直観力が優れ、人が見逃すようなチャンスを見分ける能力があります。そのため、努力しないで大きなメリットを引き寄せられます。一方、現実への対応・事務的な作業が弱い面もあります。しかし、好きな仕事のためなら、一途に一生頑張ります。縛られるのを嫌い、放浪癖もあります。名声を得る一方で、奇妙な醜聞も出てくるでしょう。適職としては、組織よりフリーで、実業界よりは虚構の世界での仕事の方が能力を発揮することでしょう。特にアートや創作活動です。お酒や海運業にも向きます。
海王星が太陽や月とアスペクトを組むと、特に、恋愛面では悩む人が多いようです。繊細になり過ぎるのでしょう。
太陽と海王星が吉角の場合、“未婚星”となりがちです。この星並びの女性は、理想が高すぎて、白馬の王子様をいつまでも待ってしまう傾向があるからです。ロマンチストなのです。現実の男性に幻滅してしまい、婚期が遅れる傾向にあるようです。少女マンガを30代になっても読み続けていたり、韓流のおっかけだったり、宝塚の大ファンだったり、・・・永遠の乙女なのです。
この星並びの女性は、依存心が強いので、頼れる、リードしてくれる男性を求めます。かつ理想家肌の精神的に豊かな人。
この星並び女性は、一方で、博愛精神が豊かなので、弱い者に対して助ける気持ちがあります。狙った女性がこの星並びならば、おとぎの世界の心温かい王子さまを演じるか、母性本能をくすぐって“守ってあげたい”と思わせるような男性を演じるのが良いでしょう。この人は、ダメんずウォーカーだったりするのです。
この星並びの女性は、結婚に失敗した後、博愛精神が働くため、社会奉仕のボランティアなどに熱心になる人もいます。

シングルチャート凶角の人は、現実離れをした人、地に足が付いていない人という印象を与えることでしょう。海王星は夢想家でもありますから、夢見る夢子さんになってしまうのです。かなわない夢かもしれないが、その夢に向かって頑張ってしまう。漠然した曖昧な性格で、手に届きそうにない夢や成功、名声さえも追い求めます。吉角同様、理想主義者。しかし、夢や理想が人を大きく動かし、成功に導くので侮ることはできません。偽善、虚業を行いがちです。でも、その虚業で成功してしまったりもします。他人への依存心が利用されることもあるでしょう。人から持ち込まれた提案で痛い目に遭っているかも。しかし、執着心がないため、嫌なことはすぐに忘れ、新しい環境にもすぐに順応します。ふらりと一人旅に出るような放浪癖もあるため、勤め人には向かないでしょう。一人の時間を大切にする人とも言えます。無意識の力にもてあそばれやすくなります。芸術、酒造、海運業などが適職です。
太陽と海王星が凶角にある人は“離婚星”となりがちです。離婚を平気でする可能性の高い星並びなのです。
離婚星というと、淋しく、可愛そうな印象を持たれがちですが、実は本人にとっては、苦悩ではありません。ある意味、恋愛に対して、一種の腰の軽さがあるのです。男性に対して、依存心が強く、理想的が高いのは、吉角の女性と同じなのですが、結婚に対して抵抗がなく、その結婚が理想にかなわず、離婚したとしても、何の執着心も無く、また次の恋愛に走ります。恋愛に関しても放浪癖があると言えるでしょう。いくつになっても“自由恋愛”宣言をしていたりします。ですから、鑑定していて、結婚運に関しては吉角の人より、凶角の人の方が、悩みがはるかに少ないと言えます。
凶角の女性は、男を見る目がなく、責任感や道徳的に問題のある人にも惚れてしまうことがあるようです。周囲の意見を参考にすると良いでしょう。何度か結婚、離婚を繰り返し、恋愛に失望した時、慈善事業などのボランティアに向かいそうです。
また自分の不幸話を人にしたがる傾向もあります。薄幸のヒロインでありたいのかも・・・。海王星は博愛精神や依存を示しますが、同情をもらおうという感じになってしまうこともあるかも。

ダブルチャート(生まれた時の太陽×現行の海王星、生まれた時の海王星×太陽)で、吉角ならば、気分が高揚し、楽しい時間を過ごすことができますが、夢を見ているとも言えるでしょう。一方で、海王星の感度の高さと弱々しさが悪く出て、劣等感やコンプレックスを持つかもしれません。でも、多くの場合、ハイテンションになっていることが多いですね。
特に吉角でも0度は、つまり重なった状態は読みにくいです。気分が高揚し、ハイテンションになっていることが多いですが、自分に対するあわれみと劣等感が出てくることがあります。マイナス思考が強く出ると、神経質、ナーバスになり、あきらめムードに陥りやすい傾向があります。世捨て人? 躁鬱状態でしょうか。しかし別の意味では、この劣等感に満ちた人生から脱却する重要な時期でもあります。人生の再構成を試み、強い意志で現実に立ち向かってください。
海王星には“夢を見る”という意味もありますが、吉角では良い意味として出てくるので、目標や理想を持つには良い日です。この時期は、現実的な視点からは少し離れてみる。夢の要素が入っているくらいの方が、自分の将来を明るい方向に導いてくれますから。「あなたの夢は何ですか?」むちゃでもいいから、感性も想像力も自由に広げていって、空を飛ぶくらいの自分の姿を思い浮かべて、トランク一つで浪漫飛行に行ってしまいましょう。
海王星には、弱い者に対して、同情するという意味があります。可哀そう、と感じる気持ちが出てきて、救いの手を差し伸べたくなる。自然災害の後ならば、ボランティア活動に注目するかも。学校でも、会社でも、弱い立場の人への同情が大きくなるでしょう。ただ行動するかどうかは、人それぞれです。結局、優しい人かどうかが試されているかな。

一方、ダブルチャート凶角であれば、感情が混乱した状態となるでしょう。この時期、大切な判断、行動は先に延ばした方が良いでしょう。間違ったビジョンを持ちやすいです。幻想を信じたために失敗を招くかもしれません。安定した堅実な手腕が失われがちです。あなたをだまそうとする人も現れやすい時期もあります。またあなた自身、少しの犠牲で他人から多くの報酬を求めようする傾向があります。楽観ムードを捨て、堅実さを重視していきましょう。自分自身に対しては厳格な態度で臨み、他人に対しては慈悲と善意をもって接することが、この時期のあなたに平穏をもたらします。
夢というものが強く出過ぎてしまい、現実離れしてしまいます。青い鳥を探して、放浪したくなったり。現実には届きそうにない壮大な理想を抱くかも。“売り上げ日本一になってやる”とか、“私が地球を守る”とか宣言しかねない時期なのであります。かと思えば、山に籠って、滝に打たれ、覚醒を目指す人もいたりして。妄想レベルの、夢、理想を抱きやすいのです。

相性鑑定では、吉角では、一緒にいると心落ち着く相手となるでしょう。一緒に夢を見ていられる、夢見心地でいれられることでしょう。
凶角となると、不安になる相手かもしれません。不安症を招く。もしくは助けたくなるような同情心を誘う相手かも。依存される、依存してしまう相手になるかも。妄想に近い夢を抱いてしまうかもしれません。地に足が付かないような、現実感のない生活に陥るかも。