10ハウス
月

月は心を意味する。月があるハウスは、心配するか、癒されるところ。月はかに座の守護星でもあるので、家庭的とか母性を表します。主婦にも向いています。またインテリアデザイナーや雑貨屋、家庭用品のお店、家庭雑誌の編集者など家、家庭に関わるような仕事も適職です。満月をイメージすると分かりますが、月は夜道を照らすという意味もあります。この人は他人によく相談されやすいでしょう。カウンセラーをされている方もよくいらっしゃいます。江戸時代だったら、尼さんでしょうか。心理学に関わる職業も適職でしょう。家庭や私生活を重視するが、社会的に人気を博すところもある。女性との共同作業が良く、女性から支援されやすい。 また心(月)がいつも行っているところが、社会や地位という意味があり、いつも社会に触れていたいと考える傾向がある