木星
木星
海王星
海王星
バブル星 疎遠星

海王星は夢見る星、感情、直観の星です。これに成功の木星が吉角を形成すると、実力以上に評価されたりして浮かれる“バブル星”、凶角を形成すると独りぼっち感を味わうことになります。そもそも一人好きだったりもします。

シングルチャートで、木星と海王星が吉角を形成すると、浮かれている感じになるかも。陽気。子供の頃から、特別にひいきされたり、実力以上に評価され、“えっ? なんで私が選ばれたの?”みたいな経験をしていることでしょう。選抜運、飛躍運も持っています。学級委員、生徒会長、キャプテンのような役職、成績の急上昇なんかも学生時代に経験しているかもしれません。一方で、他人から見れば、“なんで、あいつが?”みたいな妬み、嫉妬を受けることもよくあります。海王星(感情)と木星(拡大)のアスペクトは、感情が膨らむ、気が大きいということで、明るく陽気な人が多いです。妄想を広げてしまうところもありそう。すぐに誰とでも、仲良くなるようなテンションの高さがあったりします。めげない人ですね。悪く見るなら、反省しない人かも。無神経さ、図々しさもあるので、周囲の人にとっては“うざい”ところもあるでしょう。一言で言えば、傍若無人。繊細さがない、空気が読めない、大雑把、雑、忘れものが多いと言われる人も多いようです。イメージとしては、マンガのこち亀の両津さんのような感じです。陽気ですが、図々しく、厚かましく、大勢の人たちを盛り上げてくれるけれど、1対1の友人としての付き合うにはちょっと難しいというか、遠慮してしまうというか。
博愛主義的、人道的、理想主義的な人生観を持つとよく本に書かれていたりします。幸福なビジョンを持ち、神秘主義的な芸術を好み、詩人や画家としての素質もあると言われています。財運に関しては理想的な状態を保てると言われています。しかし、鑑定していて、これらはあんまり確認しようがないですね。

シングルチャートで、凶角を形成すると、疎遠星となり、ひとりぼっち感をもってしまう可能性があります。そもそもひとり好きだったりします。転校が多かったとか、かぎっ子だったとか。また高校生ぐらいまでの間に家族が欠けてしまう経験をしている人が多くいます。欠けるというのは、必ずしも亡くなるという意味ではありません。早くに家を出ていくとか。家族と疎遠になりやすい運気を持っているのです。お父さんが単身赴任をしていて、家にあまりいなかったとか、すれ違いが多く、あまり顔を合わせなかっとか。特に凶角でも180度や誤差の少ないなどの強いものになると、かなり確率が高くなります。
感情(海王星)が縮小する(木星凶角)という意味があり、人生の中で疎外感に心を覆われる時期が何度も訪れやすい人となります。ひとりぼっち感と言った方が分かりやすいでしょうか。でも、この星並びを持つ人は大人になると、ひとりが平気というか、ひとりの時間を好む傾向があります。むしろひとりの時間が無いと耐えられない人だったりします。家族で一緒に食事するとか、一緒にテレビを観るとか、一緒に買い物に行くということにあまりこだわりを持ちません。この星並びを持つ人は自分から、独りになってしまうような道、仕事や財産のために家族と離れてしまうことを簡単に選んでしまうことがあるようです。仲間、同僚などと旅行やショッピングをしても、人に気を遣ってしまって、その疲れに嫌気がさして、結局一人でいたいと思ったりします。また非現実的な理想を持ちやすく、具体性に欠けた計画や根拠のない思考から人生を混乱に導きがちです。イメージ(海王星)が膨らみ過ぎて、害を招く(木星凶角)ということです。夢(海王星)が膨らみ過ぎる(木星凶角)というようにも読むことができます。感度が高く、迷信深さとだまされやすさもあります。何事も曖昧にする性格から誤解を招きがちです。そのため世間の信用を薄くしやすいでしょう。海王星には、夢想、妄想、理想という意味があります。それらが害になりやすいということでもあります。理想が人生を良い方向へ導くかどうかは、本人がどのくらい実現に向けて意識的に生きるかにかかっています。

未来予測(ダブルチャート:トランジット)

ダブルチャート(生まれた時の木星×現行の海王星、生まれた時の海王星×木星)で吉角ならば、まさに“バブル星”です。感情を表す海王星に、膨らむという木星に重なります。感情が膨らみます。つまり、浮かれるという意味。陽気になります。実力以上に周囲から評価されたり、持ち上げられたりすることもありそうです。ちやほやされると言った方が分かりやすいかね。人気運も上がります。モテ期だったりします。財運が上がることもあります。この星並びができていれば、他に悪い星並びができていても、メンタルが滅入ることはあまりありません。そのくらい浮かれています。ただし、バブルですので、吉角の域を終えれば、すぐに冷めてしまいます。また、仕事面で評価されたりすると、忙しくなるのですが、ただ忙しい印象ばかりで浮かれ感がまったく無かったりします。そうなると、ちょっと残念ですが“バブル”感はほぼ無いです。現行の木星(外側)が、生まれた時の海王星(内側)と0度で重なるのは、12年の一度の幸運期ですが、現行の海王星(外側)と生まれた時の木星(内側)が0度で重なるのは、およそ160年に一度の幸運期となります。後者の方が強力な幸運期となりますが、全ての人が体験できるわけではありません。もし、体験できるような星の下に生まれたのならば、人生のうちのその時期を大いに謳歌してください。でも、永遠ではないことを肝に銘じて、調子に乗り過ぎないようにしましょう。
夢や理想が膨らんでいく。自分のやりたいこと、心には思っていてもやり切れていないことに対し、その思いが大きくなる時期となります。その気持ちをどう実らせていくか、一度立ち止まって考え直してみるのもいいでしょう。願いをかなえたくなるから、信仰心も厚くなります。だから、神秘主義も広がりやすいです。夢を語り合う仲間がいれば、久しぶりに会って、話を弾ませるのもいいでしょう。

ダブルチャートで、凶角ならば、感情面での落ち込みが起こりやすい運気となります。感情(海王星)が縮小する(木星の凶角)とイメージしてください。人と別れる、家族や親しい人が亡くなるなど、孤軍奮闘するなど気分が滅入る出来事が起こったりします。独りぼっち感を味わったり、淋しい気持ちになります。現行の木星(外側)が、生まれた時の海王星(内側)と180度になるのは、12年に一度です。この時には、自分では信じられないくらい金銭面に困るなど、メンタル的にダメージを受けることがあるかもしれません。もしくは病気をしたり、家族が欠けてしまうなどが起こったりします。一方、現行の海王星(外側)が、生まれた時の木星(外側)と180度になるのは、160年に一度。つまり一生に一度あるか無いかのものですが、こちらは(海王星はよく逆行するので一概に言えませんが)だいたい6年くらい続きます。こちらの方が、期間が長く、深いダメージを与えます。財運をまさに“底”にまで落とすこともあります。健康運や家族を失う経験をすることもよくあります。その後の人生に大きな傷跡を残し、影響を与えます。価値観や友人関係が変わってしまいます。この時期の後に堅実、守りが堅くなる方が結構いらっしゃいますが、それは成長と言えるでしょう。海王星は夢の星、木星は拡大の星です。凶角ならば、その意味の逆に出るわけですから、“失望”です。大切なものを失い、失望の淵に陥ってしまいます。感じ方は人それぞれなので、失望とまでは言い切れませんが、ひとりぼっち感、孤独感を味わうことはあるでしょう。この時期こそ、ホロスコープでいつ脱するかを探りましょう。ホロスコープ占いは、開運はできませんが、いつこの失望の時期が終わるかを知ることができます。
また注意すべきは、運気の変わり目です。凶角の時期の終わり頃にこそ、とどめを刺すような大きなパンチを与えます。ただ、永遠に続くものではなく、必ず回復することを覚えておいてください。
凶角(ハード)はもともと“出すぎて害ににある”という意味です。この時期に苦しんでいる人は、思い起こしてもらいたいのですが、その苦しみの原因は、調子に乗り過ぎた、夢を見過ぎたことにありませんか? 自分の木星に現行の海王星が180度凶角位置になるのは、6年間と上に書きましたが、180度凶角の影響範囲を“広めに”オーブ10度で考えると、12年間になります。木星と海王星が最も重なった時から6年前に、もう兆しがあったりします。そこからゆっくり出来事は始まっています。その時に妄想に近い、夢を見て、行動したことの悪影響の可能性もあります。妄想的に調子に乗り過ぎたという言い方もできるかもしれません。また、このどん底も加わって、魔のTの字(Tスクエア:3つの星が180度と90度でTの字の形)を形成していたら、かなりのダメージを受けます。6年も続くと、魔のTの字が何度かできる可能性がありますから。あなたを大きくするための試練の時であり、反省、学びの時です。じっと耐え抜くしかありません。
しかし、この時期の前後では、その影響を受けた人は性格も、人生観も、趣味も、価値観も、友人関係も、ものの見え方も変わってしまいます。環境も変えてしまうことがよくあります。つまり、この星並びは修練であり、大きな成長の時期でもあるのです。何年かして、振り返ってみると、“あれはあれで良かったのだ”と成長として包容できるような気持ちになっていることでしょう。
またこの時期は、夢のような上手い話の儲け話には注意しましょう。結局は手にすることができず、失望するような感じになりやすいです。

相性鑑定(ダブルチャート:シナストリー)

相性占いで、吉角になっていると、気分が浮かれやすい相手となります。また、周囲からは現実以上に幸せそうに見られるカップルとなります。大いに評価を得やすくなります。凶角になっていると、疎遠になりやすいですね。遠距離恋愛だったり、別居婚だったり。忙しくて、なかなか顔を合わせられなかったり。親子ですと、お父さんが単身赴任だったり、夫婦ですと、仕事の都合で別居婚になったりします。気持ちの問題ではなく、物理的な距離が開くことになりやすいですので、なるべく遠くにならないように努力すべきです。放っておくと、だんだんと自然に距離が開いてしまう相手であります。