金星
金星
天王星
天王星
一目惚れ星、変わった趣味

天王星は変化、個性、突然のチャンス、独立、飛躍、サプライズなどの意味あり、それが快楽や愛情と結び付くとどういうものになるかイメージしてみましょう。“愛は突然に”ということでしょうか。もしくは個性的な趣味とも読むことができます。

シングルチャートで見て吉角ならば、ファッショナブルで、古典、伝統的な美にも感度が高い人です。個性的な趣味、センス。アート・音楽面ではオリジナリティがあり、若くして頭角を現します。古美術、伝統工芸などを扱うビジネスに才能を発揮します。金運に関しては自立心があり、自分の才能や技能を活かして収入を得ようと考えます。人やお金をひきつけやすく、棚からぼた餅のように、予期せぬ財運や人運に恵まれることもあります。恋愛面では、古い考えにとらわれない進歩的な恋愛観を持っています。傍から見ると、奇妙であったり、エキセントリックであるようにも見えます。自由恋愛を主張し、突然の恋の訪れにも素早く対応していきます。一目惚れしやすい人で、電撃結婚、電撃離婚など、恋愛に関するエピソードの多い人となるでしょう。昔はこのアスペクトを“不倫の星並び”と紹介している占星術の本もありました。結婚していても一目惚れをするからでしょう。
この特に金星と天王星が0度で吉角を持っている人は、学生時代、モテたことでしょう。というのも、ダブルチャートで相性鑑定を行うと、同じ学年前後の年齢の人は、ほぼ同じところに天王星を持っているので、この人と“一目惚れ星”の相性ができてしまうのです。金星のある方を好きになるという法則が一応あるので、この人は好かれることになります。自分と同じ年くらいの異性には一目惚れされやすいラッキーな人ですね。つまり学生時代はモテたということになります。相性鑑定で、他に嫌な凶角があれば、一目惚れしても、すぐに嫌いになるかもしれませんがね。

シングルチャート凶角であれば、独自のファッションが度を越して、やや悪趣味となるかもしれません。趣味やセンスが個性的過ぎるのです。突飛かもしれません。変人の域かもしれません。わがままさもあるので、職場なのでは能力を発揮しにくいことでしょう。自力でお金を儲けようとしますが、自分の才能の金銭的価値をはかるのが苦手で、他人に上手いこと利用されてしまうかもしれません。趣味が多い人です。いろいろと目移りし、熱しやすく、冷めやすいので、それらの趣味をすぐに飽きてしまう可能性があります。恋愛観に関しては、自由恋愛を主張しますが、反対される恋愛ほど熱中しやすく、ラブアフェアを起しやすいでしょう。一目惚れが多過ぎて、害になる人ですね。特に女性は男性を挑発しやすくなります。吉角と同じく、突然の結婚、離婚な恋愛に関する事件が多そうです。

ダブルチャート(生まれた時の金星×現行の天王星、生まれた時の天王星×金星)で吉角を形成していれば、向上心が高まる時です。ビジネス面では、飛躍するチャンスを得られるかもしれません。予期せぬ利があることを示しています。
恋愛面でも、ラブロマンスを示す相で、突然、心動かされるような人が現れる可能性があります。一目惚れしやすい時期です。良い恋人ができやすい時期です。実際、鑑定していも、この星回りの時は20代でも、50代でも恋をしている人が多いですね。変化の星の影響のため、この愛情は深いものかどうか、内省するようにしましょう。純粋な愛ならば、人格を高めてくれるでしょう。
愛(金星)が突然起こる(天王星)、ということで、私はこの星並びを「一目惚れ星」と呼んでいます。街中を歩いても、地下鉄に乗っていても、カフェに居ても、つい好みの男性が目に入ってしまうと、バキュンとハートを直撃されそうな、ちょっとヤバい日。ついつい運命の人と思い込んでしまうようなこともありそう。ただ、一目惚れの対象は男性だけでなく、物やサービスにも起こるので、衝動買いには注意したい。
個性的な趣味嗜好になりやすい。皆が自分らしさをファッションにも求めていくので、街を歩いていても、他人のコーデに目が行ってしまうかも。ここは一つ、チャレンジしていきたいところだけど、植松さんが、モテファッションと言ってくれるかどうかは、あなたのセンス次第です。グルメに関しても、海外の珍しい料理を食べたくなったり、ネットでアイデアレシピを検索したりするかもしれません。ただ美味しいかどうかは別問題です。

ダブルチャート凶角を形成していれば、無意味に変化を求める時期になります。周囲から見たら、変人のような個性的過ぎる趣味を持ってしまうかもしれません。気まぐれな投資やラブスキャンダルに注意。気まぐれで行動しやすくなるので、自分の心と対話し、よく考えてから行動に移すようにしましょう。
趣味、ファションセンスが奇抜になりやすい。自分らしさを美に求めるが、こだわりが強く出過ぎて、暴走してしまっているかも。お出かけの服選びにも、「これ違う、あれも違う」と目移りして、すぐに決められず、結局、どこの国の人?みたいになったりして。変化と自由を求めて、ボヘミアンな放浪の気持ちが湧き、会社を辞めたくなったり、奔放な恋愛をしたくなったり。そこにあまり理由はなく、ただの気まぐれだったりします。

相性鑑定の場合、一目惚れしやすい相手となるでしょう。吉角の場合は、良い感じで一目惚れですが、凶角の場合は、惹きつけられ方が強く、後悔するような恋になっているかもしれません。もしくは、すぐに飽きるかも。天王星側の人が、金星側の人に惚れてしまうという法則があります。多くの場合、その方向性で恋愛が起こっています。