金星
金星
冥王星
冥王星
オタク星 セレブ星

金星は貴族的、快楽、冥王星は権力者、頂点という意味があり、その2つが絡めば、快楽の頂点、美の頂点ということになります。快楽の極みという感じでしょうか。贅沢、華やかさというイメージであります。

シングルチャートで金星と冥王星が吉角にあれば、趣味(金星)が徹底的(冥王星)という意味でもあるので、自分の趣味、遊びに関してはオタクになっていることでしょう。趣味にお金や労力を結構使っているかも。コレクターになっていたりします。また美(金星)が徹底的(冥王星)とも読めるので、華やかさを追求している場合もあります。この星は“セレブ星”とも呼ばれます。冥王星にはカリスマ性という意味もあります。人を惹きつける力はかなり強く、演劇的表現力もあるので、女優、俳優など舞台カリスマ性を必要とする仕事にも才能を発揮する人がいることでしょう。実際、鑑定した人の中には、ダンスをしていたり、照明を仕事にしているなど、舞台に関わる人に多く会いました。子供のころから、バレーを習っていたなど、舞台に関わってしまう人がなぜか多かったですね。アイドルの曲を作るなど、クリエイティブな才能を発揮する人もいます。ビジネスとしては、接客業、希少価値のある商品や、高級品を扱う仕事も適しています。豊かな暮らしを求める一方、富裕層とも交流ができやすいでしょう。そのため、良い経済環境に恵まれます。異性や自分が世話をした人からの収入も期待できます。恋愛面では、強力なカリスマ的魅力があります。異性の心をつかむ力も強く、人生を変えるような運命的な大恋愛にも出会いやすいです。

シングルチャート凶角ならば、金星は趣味・快楽を意味していて、自分の趣味に対して頂点を極めたがり、労力やお金を惜しまない傾向があります。かなりのオタクになっていたりします。自分の趣味に関わるものは、高価なものも衝動買いしてしまうことなんてこともあります。その点は吉角と似ているのですが、凶角になると、身の丈を越えている可能性が高いです。趣味・快楽が恋愛ですと、やっかいですね。愛情に没入しすぎて、反対に傷つく体験をするかもしれません。また子煩悩はいいのだけれど、教育費をあまりに惜しまな過ぎるという点があります。この人にとっては、子育ては趣味・快楽なのかもしれません。これは短所とは言い切れないかもしれませんが。自分はツメに火を灯すような生活をしても、子供には一流の教育を与えようと努力します。子供をインターナショナルキンダーガーデンに通わせているが、迎えに行くと、周囲は外車ばかりなのに、自分だけが軽自動車というエピソードも鑑定の時に聞いた話です。相性愛情の対象が子供ではなく、ペットの場合、ペットを溺愛します。贅沢のため、金銭面や時間の面で出るものは大きいですが、本人はいたって幸せだったりします。また感情の激しさがあります。その面を克服できれば、吉角と同じく、カリスマ性を必要する仕事や接客業のほか、高級品を扱う仕事に適しています。舞台を中心としたクリエイティブな仕事にも向いています。吉角と同じく、スポットライトを受けるような美の世界でも活躍できるほど、輝きを放すことができます。しかし、普段は全然野暮ったかったりします。ジャージなんかで平気で街を歩いたりして。その辺りが役者っぽいですね。セレブな、高級な生活に憧れますが、思わぬ人に財産を奪われたり、異性が絡んだ金銭トラブルでの損害が起こり得ますので、注意が必要です。一方、自分の欲望のために、モラルを踏みにじるところがあります。本人はどの程度意識しているか分かりませんが、嘘もつくことができますので、結構、厄介な人かもしれません。周囲の人は要注意。勤勉さを大切にしてください。美(金星)が頂点、カリスマ(冥王星)になり過ぎて害になるというイメージでしょうか。その害を上手にコントロールできると、かなりのカリスマ性をはっきするということでしょう。福山雅治(1969・2・6)、長嶋茂雄(1936・2・20)は180度凶角を持っています。福山雅治の場合は、金星が他にも3つ180度凶角を持っていたり、金星にドラゴンヘッドやキロンが重なっていたり、美が出過ぎていますね。

ダブルチャート(生まれた時の金星×現行の冥王星、生まれた時の冥王星×金星)で吉角を形成していれば、まさに“セレブ星”。セレブ&リッチな思いができる時期でしょう。出費はありますが、その元が取れるくらいに楽しむことができるでしょう。そのため、華やかさが出てきます。もしくは自分の趣味の分野でオタクになっていることでしょう。どちらにせよ、本人は幸せだったりします。また人を惹きつける力がパワーアップしています。特に、生まれた時の金星に現行の冥王星が重なるようであれば、8~10年に渡って、カリスマ性を発揮することができます。これが本当の自分の姿だと勘違いしてしまうかもしれません。恋愛に関しては、深刻な愛の問題が発生することもあります。大いに悩み、力を得ることでしょう。
美や快楽、趣味を徹底的に極めたくなる星並び。楽しいことのためならば、いつもより、ちょっと贅沢してしまうかもしれない。「セレブ星」と呼んでいます。ファッションに関しては、よりゴージャスさ、きらびやかさを求める傾向が強くなります。デビィ婦人や叶姉妹みたいになったら・・・ちょっと“濃い”かもしれない。
趣味のことに関しては、オタク度がトップレベルになり、とことん追求するような姿勢が出てくることでしょう。のめり込みやすい時期です。コレクターならば、この星並びの時は、大人買いをしてしまうかもしれません。ジム通いが趣味ならば、いつも以上にベンチプレスに持ち上げてしまうことでしょう。仕事が趣味ならば、ハードワークになりやすい時です。また子供やペットにも愛情が高まり、服やエサなどにお金を使う傾向が強くなります。

ダブルチャート凶角であれば、セレブな思いができますが、出費が多いです。華やかさ、贅沢さが身の丈を越えているかもしれません。その出費の多さに後に後悔するかもしれません。また感情的に激しさを増します。また、恋愛面では、大きな愛の存在に気づかずにいる可能性があります。好色の度合い、セックスアピールも強くなります。本人自身の自覚していない魅力によって、異性に注目されていることでしょう。
金星と冥王星の「セレブ星」が強く作用するので、身の丈を越えた贅沢をしてしまいそうな日。快楽や趣味への欲求が高くなり、豪華さを求めたり、とことんのめり込むオタクになったりします。カリスマ性のある女優になった気分。出費が多く、後で後悔するかも。でも、贅沢して遊んでいる間は、本人は至福だったりします。

相性鑑定吉角ならば、デートをする時、1ランク上の贅沢な場所で食事していることでしょう。リッチ感やセレブ感を大切にするでしょう。もしくはオタク度が増す相手だったりします。オタク話で盛り上がるのでしょうね。また子煩悩になったり、ペットをかわいがることでしょう。
凶角ならば、身の丈を越えた贅沢をしている可能性があります。見栄を張るのは止めた方が良いでしょう、と言ってもたぶんやっていることでしょう。だって、幸せですからね。趣味の分野でもかなりの出費と労力を使っている可能性があります。凶角の夫婦ならば、子供のためやペットのために身の丈を越えたお金と労力を多く使うカップルになることでしょう。子供の場合は、教育費にお金を掛けていることが多いですね。これも1つの溺愛ですね。

複合アスペクトで、金星、火星、冥王星が吉角、凶角を形成すると、エロティックさが強くなります。冥王星が徹底的とか、セックスという意味があるので、それがエロ星に重なってくると想像してください。
参考ブログ:「ラブラブ 変態エロ星