火星
火星
天王星
天王星
瞬発力 思い立ったら即行動

天王星は変化、個性、オリジナリティ、革新性、分裂などの意味があり、火星をパワー、力を意味します。
ですから、それらが絡むと動きに変化があるということで、“思い立ったら即行動する”といった意味合いになります。また天王星を“個性”と読めば、個性が激しくなって、かなり個性的になるわけですが・・・。他人に意志をコントロールされるを嫌い、自己流の行動を取る。他人と同じ行動をするのが嫌い。ハイテクなどに対する適正が強い。自覚すれば、どんな危ないことでも平気でできます。

性格を表すシングルチャートで見て吉角ならば、思い立ったら即行動するようなフットワークの軽さがあります。大胆で強靭なエネルギーの持ち主で、決断したことは危険が伴っても勇敢に実行します。独創的な発明能力があり、また改革・変化を厭わない性格なので、困難を乗り越え、人が予期しない方法で目的を達成するでしょう。組織的な目的に向かって、自分の行動や意志を上手く働かせられます。瞬発力があるので、あらゆる決断、行動が早いです。子供の頃、実際、足が速かったとか、球技が得意だった、スポーツ万能だったという人も結構います。
ただし、吉角でも0度であったり、誤差がほとんどないようですと、緊張しやすく、発作的な神経興奮もあるようです。変化の天王星と暴走、力の火星の影響ですね。意志は強く、圧力に屈することはありません。また危機を対処する能力は優れていますが、日常のストレスには抵抗力がなく、そのため、物事の破綻を招いてしまうかもしれません。

シングルチャート凶角ならば、吉角と同じく、行動力はあるのですが、思い立ったら、即行動し過ぎてしまうところがあるでしょう。大胆で強靭なエネルギーの持ち主で、オリジナリティがあります。自由、革新への暴走的な意志が強まり、反抗心も強くなります。しかし、興奮しやすく、些細な事柄にも激しく反発します。健康(火星)が変化(天王星)しやすいという意味もあります。致命的な病気になるというより、生活に支障、制限が出るような体質だったりします。例えば、アレルギー、ぜんそくといった持病を患っていて、普段は何ともないのに、遠足の前日に発病して行けなくなったとか、スポーツの大会の前に靭帯を切ってしてしまうとか、そんな経験を持っているかもしれません。勢いがあり過ぎるので、ケガをしやすいという人もいます。いずれにせよ、計画が急に崩れたりすることが起こりやすいです。運動神経に関しては、吉角と同じくスポーツ万能という人も結構多いですね。凶角はもともと出過ぎて害になるという意味なので、それをコントロールしている場合は、かなりの才能あるアスリートになる可能性があります。新庄剛志さん(1972・1・28)は180度凶角を持っています。

未来予測(ダブルチャート:トランジット)

ダブルチャート(生まれた時の天王星×現行の火星、生まれた時の火星×現行の天王星)で吉角ならば、行動力をフルに発揮する時期です。思い立ったら即行動してしまいます。瞬発力が冴えます。抵抗する力も十分にあります。ただし、勢いに任せてあまり突進すると、精神的も肉体的も負担がかかるので注意してください。
革新、変化を求める時期で、溢れるエネルギーを発明や創造の分野に活かせば、相当な成果が出てきます。
天王星は変化やひらめきを意味します。これに行動の火星が乗ってくるのだから、「思い立ったら、即行動する」ということになります。スピード感があります。ただひらめきで動いたり、動かされたりするので、朝令暮改、つまり、朝言ってことが、夕方にはコロッと変わったりするなんてこともあるかも。周囲からは、「風見鶏のようにコロコロ考えを変えやがってぇ~」というイラ立ちも出てきたりして。
天王星は、瞬発的な変化を表し、この星並びは瞬発力を意味しています。全速力で走ると、普段より速くなっているかもしれません。いつも直前でドアの閉まっていた電車に間に合ったりして。スマホのゲームも高得点ゲットできそう。ただ早合点で行動することは注意しましょう。

ダブルチャート凶角ならば、体調の急な変化、悪化に注意してください。致命的ではないですが、身体を壊し、生活が制限されてしまうことがあります。身体のことで悩まされていたりします。だらだら、ずるずると長引く、原因不明の病気だったりします。不眠症になっていたりします。また社会との関わり方に自信を失う時期です。逆境に対して消極的になったり、急進的な変革を求めすぎたりします。社会における自分の役割を深く自己検討し、未来への道のりを一歩一歩確実に進めるようにしてください。
あまりにあなた自身の変化がダイナミックなので、周囲の人はちょっと付いていくのが大変かもしれません。気まぐれで動いているように見えることでしょう。オリジナリティがあって、大胆、強靭でもありますが、興奮しやすく、頑固になっているかも。こだわりを押し通し、改革に勢いとスピード感があることでしょう。

複合アスペクトで、ダブルチャートで、火星、天王星、冥王星が凶角を形成すると、“居場所の無さ”を味わことになるでしょう。社会や職場、家庭などで、居心地の悪さから逃げ出したくても、逃げる先が無いようなストレスを受けるでしょう。職場の場合、自分の部署が定まっていないということもあったりします。ただ相性では居場所無い感があるかどうかは不明であります。

相性鑑定(ダブルチャート:シナストリー)

相性鑑定では、吉角の場合、行動力が増す相手です。思い立ったら、即行動する面が出てきますので、カップルの場合、デートでは、“海行こっか”という思い付きで、いきなり海に行ってしまうような展開だったりします。同棲、結婚までの進展が早いカップルとなるでしょう。友人や仲間の場合はフットワークの軽い関係となるでしょう。
凶角の場合、吉角と同じく行動力が増す相手ですが、少々出過ぎて、動き回り過ぎているようです。事故や早合点に注意したいです。中には、致命的ではありませんが、身体の不調を招く相性となるかもしれません。