月
金星
金星

金星は快楽、貴族的、月は人間の内面、心の問題だとイメージしてください。不快だったり、刺激的過ぎたり状況を嫌い、人間関系においてはソフトで品良く、明るいシチュエーションを望みます。甘え症や依存癖も見られるけれど、社交的で、楽しい雰囲気を作り出すことに長けています。

シングルチャートで、性格診断する時に、この2つの星が吉角を形成していたならば、ロマンチストな人です。乙女チックとも言えるでしょう。繊細。他人への心遣いもよくできます。のびのびとした感性があり、言葉や文章も、心の内面をよく表現できる人です。ですから情緒的・詩的な文章は得意とも言えます。清楚で気品があり、品行も良く、洗練された社交感覚があります。
金星は、少女マンガや宝塚のイメージですね。そんな心を持っているという意味です。
温和で協調性もあり、目上にも目下にも好かれ、円満な関係を保てます。どんな職業でも人気に恵まれます。堅実ですが、実は利害関係がまったくの苦手。グループのまとめ役には適しています。
しかし、経済観念に弱いという意味ではなく、むしろ、与えられた金銭を上手に使う、活かす能力があります。ハイクラスな生活を好むわりに、お金が無くても平気な性格という意味で、お金が無い分は、心で補える性格だからです。ロマンチストですから。
金星は甘える、争い嫌いという意味もあって、自分に甘いところが出てくるかもしれません。
この星並びの人は、特に母親の深い愛情に満たされた家庭環境で育っていると言われます。そのため、特に恋愛対象にする相手には温かみと保護本能をもって接します。
情緒豊かで、男性からも女性からも好かれますが、告白を待つ受け身のタイプとなりそう。
この星並びの男性は、姿が美しく、愛情豊かで、癒してくれる(まるで天使のような)女性が好みです。結婚の対象にする女性も同じタイプです。言ってみれば、どこか少女マンガなのです。
この星並びの女性は、結婚しても、甘えの気持ちがあるので、家事や育児はあまり得意とは限りませんが、家族をうまくとりまとめ、長く夫から愛されることでしょう。

シングルチャート凶角を形成していたならば、人気運は高いのですが、気が弱く、人から頼まれると断れないタイプとなるでしょう。やさしさを他人に利用されそう。判断力も弱そうです。人にひきずれやすく、他人のためにおせっかいなほど努力してしまいます。そういう意味では、サラリーマンには向いています。
一方、甘えの気持が強く出過ぎるため、無いものねだりの甘え症になりやすいが、これもしばしば魅力となったりします。ナイーブなため、悪事ができません。
凶角の人は、運命的に母親に関して心配事や悲しみを経験して育っていることが多いと言われます。そのため、恋愛や、結婚そのものに関して諦観しているところがあります。愛情は一途ですが、ライバルに奪われたりして、仲がさかれやすく、悲しい思いをするかもしれません。
ロマンチストや甘えの気持ちが強過ぎる、いわゆる“女々しい”というイメージが合うのかも。
恋愛、結婚対象も容姿ばかりに目を向けてしまいそう。内面も重視するようにしましょう。
この星並びの妻は、気が弱く、夫に従順すぎることが、夫の悪い面を助長してしまいそう。

ダブルチャート(生まれた時の金星×現行の月、生まれた時の月×現行の金星)で吉角ならば、人気運、愛情運が高まる時期です。ロマンチックな気分が高まる時であります。情緒的な安定が得られます。多くの問題も協調性によって円満に解決されていくでしょう。
金星は、美、アートなんかを意味しますが、繊細な少女趣味も意味していて、例えて言うなら、少女漫画とか、宝塚歌劇とか、きらきらとバラの花が降ってくるようなイメ―ジの日。月と金星が重なる日は、まだあどけなかった頃の乙女心が湧き上がって、女の子の輝きが欲しくなります。少しだけ甘えたくなります。怠けたくなります。ふかふかのベッドでうたた寝したい。プリンセスのような扱いを受けたくなります。かわいいペットのように、ちやほやされたい。
月も金星もどちらも女性を意味する星。それが重なるのだから、女の色合いが強くなります。女性が好みそうな、芸術、美、アート、音楽などを好む傾向が強くなります。また、人を傷つけてまで勝ちたいという気持ちは無くなくなるので、この星並びの時は、勝負事が向かないでしょう。ついつい優しさが出てきてしまいます。相手の弱り顔を見たら、勝利を譲ってしまいそう。

ダブルチャート凶角ならば、内面的に劣等感を持ちやすくなります。ナイーブ、神経質になってしまいます。友人や家族から面倒な問題がふりかかることもあるので、苦悩するような事柄に関しては、心を閉ざしてしまいましょう。
女性の性質が強く出てきて、どちらかというと害になりやすいです。他人には優しいけれども、繊細になり過ぎてナーバス、臆病になる。コンプレックスを持ちやすい。不安をもたらす余計な妄想も膨らみやすい。人から頼まれると断れない。また甘えの気持ちが強くなり、無いものねだりの面も出てきそう。というわけで、服を買い物に行ったら、店員の甘い言葉と押しでついつい買わされてしまいそう。弱気なので、できれば、大事な決定などは避けた方が良いでしょう。

ただし、生まれた時の金星×現行の月では、現行の月が一日に13度と足が速いため、ほとんど実感できないことでしょう。

相性鑑定では、吉角では、楽しい気分でいられる相手となるでしょう。甘えられる相性です。仲良くなれることでしょう。美や遊びに関わる世界を広げるような関係になるかも。
凶角では、甘えすぎたり、遊びすぎたりして害が出てくるかもしれません。もしくは女々しくなり過ぎるかも。アート、ファッション、グルメに関してはお金を使い過ぎてしまう友人になってしますかもしれませんが、それらを仕事にするには、情熱が高まりやすいのでよい関係と言えるでしょう。