水星
水星
水星
水星

特定の時期の運気の知るためのダブルチャートで、生まれた時の水星と現行の水星が吉角を形成していたら、知性、情報力がアップします。過敏なまでに頭脳が高速回転する時期で、またコミュニケーションも活発化します。知性というレベルを越えていて、神経というべきでしょうか。神経過敏になる可能性がありますが、一方でビジネスなどでは活躍できる時期でしょう。この時期、課せられる義務をいかに処理するかによって、あなたの評判が決まります。注意力と粘りを無くさないことです。

ダブルチャートで、凶角を形成していたら、精神的ストレスを感じる時期となります。知的な拘束を受けやすく、圧迫により緊張することなるでしょう。コミュニケーションミスも起こりやすいです。話がちぐはぐになったりすることもあるでしょう。間違った情報も入りやすく、この時期の儲け話には、偽りも含まれていそうです。詐欺にも注意です。報告書や契約書、企画書など、文章の作成にも普段以上に念を入れて確認するようにしましょう。来るべき情報、文書が届かなかったり・・・ということで、そのイメージを膨らましてもらえれば、合格通知が来ない、仕事の依頼が滞ったり、といった具合のことが起こりえます。交通マヒや車の故障なども考えられますので、時間には余裕を持って出かけましょう。パソコンやスマホなど精密機器の故障にも注意して下さい。
吉角にしろ、凶角にしろ、水星は足が速いので、形成される時期は短いです。金銭に関した事柄にもダメージが生じますが、それほど決定的なものではありません。

相性鑑定で、お互いの水星が吉角ならば、よく話ができる相手となるでしょう。コミュニケーションのしっかり取れる相手となります。意思疎通が簡単にできます。
お互いの水星が180度位置などの凶角になっていたら、コミュニケーションが上手く取れているか疑わしいですね。話をしていてもくい違っていたり、かみ合わなかったり、伝わらなかったり・・・。凶角はもともと多過ぎて害になるという意味ですから、多く話しているけど、大事な情報に限って欠けていたりするかもしれません。