月
木星
木星

木星は拡大を意味します。その木星が心という内面の星 月と絡むことをイメージしてください。楽天さと感情の結合。常に楽しさと期待感に満ちています。心が大きくなるという感じ。大らかで人当たりがよく、のんびりとした雰囲気で人に好かれます。

性格を診るシングルチャートで、この木星と月が吉角ならば、心が大きく、楽天的、陽気、のんきで寛容な性格です。大らか。宗教心と慈悲心、同情心があり、人を援助し、よく保護します。身内とは離れやすいようですが、社会的地位の高い友人と交わって成功のチャンスを得ることもあるでしょう。仮にあなたが財産家でなくても、友人や近親者の誰かが金銭面で頼りになる人がいると言われています。仕事面では、庶民的なところがあるので、一般大衆を相手にしたビジネスが適職。ゆったり大らかに行動範囲と交友関係を広めていくタイプです。人間関係を通じて財産を増やす才能があります。正当な手段である限り、財政的繁栄は保証されることでしょう。
外へと広げるタイプなので、幸運な旅行運を持ち、海外生活が人生にプラスすることでしょう。冒険好きで、自分のエリアを広げようとします。長い時間の旅や通勤なども平気な人です。だから長距離恋愛などもできてしまいます。長時間の移動が苦になりません。
この星回りの女性は、自分で配偶者を見つけることでしょう。独身時代はおおいにエンジョイし、結婚後は良い家庭を作ろうと、切り盛りするしっかり者の主婦になります。心豊かな母親となり、多くの子供を育て上げ、晩年は何不自由ない安らかな生活を送ると言われています。
この星回りの男性は、結婚後もある程度自由を必要とするため、信頼できるしっかり者を妻に求めます。妻となる人は、陽気で社交性に優れ、家事も巧みな人でしょう。結婚後、財産の獲得と子宝も期待できます。双方の親が認める結婚であれば、幸せは保証されたようなものです。

シングルチャート凶角ならば、不用心で物事を楽観視するところがあります。油断しやすい。心が拡大の反対で、狭くなると考えてください。クローズドされた狭い世界、狭い空間、狭い人間関係を好むようです。嫌なことを避け、都合のいいことばかり考えるずるいところが出てきます。一方、お調子ものの面があり、自分の幸運を過信しやすく、手抜きする面が増えたり、友人のために損害を被りやすいでしょう。保証人を引き受けたり、相続問題に関わることも避けた方が無難でしょう。商売には向きますが、多方面に手を広げると失敗します。疑わしい事業に手を出して負債を作りやすく、また投機による損失にも注意してください。トラブル処理が苦手なので、法的・金銭的な責任が伴う業務は避けた方が無難です。海外旅行や海外での生活には不快な事件が多そう。慎重かつ地道に行動するよう、心がけるとよいです。
この星回りの女性は、吉角と同じく、自分で配偶者を見つけることでしょう。結婚後は、不安や緊張感がないと、安住してしまい、ルーズな主婦になりそう。母親としても放任主義に傾きやすいようです。
この星回りの男性は、考えや視野の狭い人となるでしょう。一方、自由を求める傾向があるので、手綱のゆるい、ものごとに無頓着な女性を求めます。妻となる人は、のん気で遊び好き、家事の切り盛りもあまり上手ではないでしょう。この男性は時に妻によって、人生の財を取り上げられてしまうこともあるようです。特に双方の親が認めない結婚の場合、失敗感が募りやすいでしょう。

ダブルチャート(生まれた時の木星×現行の月、生まれた時の月×現行の木星)で、吉角を形成していれば、心が広い世界を求める傾向にあります。旅行や転職をしたくなるかも。悩みの種だった問題や障害が一挙に解決する時です。自分自身の思考、行動に確信を持てる時期。心の健康も取り戻せるでしょう。高望みしない自分の能力レベルでの、新しい人生を展開していけば、豊かな未来が開拓できるでしょう。
拡大の木星が、遠い世界への憧れを引き出していきます。冒険心が強くなります。海外旅行したいとか、行ったことのない未知の世界へ触れてみたいなどの気持ちが湧き上がってきます。日々の生活の中にも、自分の物語のドラマチックな展開を期待しちゃうかも。手の届かない遠い遠い世界を求める傾向が強くなっていきます。神々や仏の世界も入り、その分野では人は“崇拝”という姿勢にもなってくる。遠い何かを拝みたくなる人もいるでしょう。
あの山の向こうには何があるのだろう。自分の見知らぬ世界への関心が高くなり、世界観、視点が大きくなる分、同じ場所にいることに飽き飽きしてくるという面もあります。ちょっと寄り道をしたくなったり、入ったことのないお店に入ってみたり、小さな冒険をしてしまいそう。大らかさもでてくるので、ちょっとぐらいの失敗なら“まぁ、いいか”と許せてしまいます。その分、忘れ物をしたり、遅刻したり、大雑把になりそう。

ダブルチャート凶角を形成していれば、多忙な日々が続き、ストレス・疲れが溜まっているかもしれません。タロットカードの逆位置のように、ハードアスペクトになると、意味が反対になるものがあります。これもその1つで、心が狭い空間を求めるようになります。大勢よりも少人数の集まりを好みます。クローズドされた狭い世界を好むことでしょう。パーティーなどでは気が合う友人と盛り上がるかもしれません。合コンに参加しても、女子だけで賑やかにおしゃべりして案外楽しいかも。一方、金遣いも荒くなるかもしれません。
特に生まれた時の月に現行の木星が凶角180度を形成していれば、今までの人生に疲れが積み重なっていることでしょう。時間をかけてでも回復させてください。この休息は無駄ではなく、長い目で見れば、将来の幸福のためのものなのです。

ただし、生まれた時の木星×現行の月では、現行の月が一日に13度と足が速いため、ほとんど実感できないことでしょう。

相性鑑定吉角ならば、2人一緒にいれば、冒険心が溢れるようになるでしょう。気が大きくなる。拡大志向が強くなるということです。大らかで、楽天的にいられることでしょう。
凶角ならば、狭い、クローズドされた狭い世界を作ってしまうでしょう。2人だけの世界を作ると言うと、聞こえはいいですけど、外からは見えない閉ざされた世界になっていることでしょう。