水星
水星
火星
火星
討論、口ケンカ星、毒舌

火星は勢い、攻撃を意味します。そこで知性の水星と重なるとどうなるか。そのまま攻撃的知性という意味になりますね。まっすぐ目的に向かうので、技能の習得は早いです。知性が鋭く、はっきりとものを言い過ぎる傾向があります。少年のようなまっすぐな世界観に憧れます。ちなみに北野たけし(1947・1・18)、高田純次(1947・1・21)、星野仙一(1947・1・22)は、水星と火星と太陽が吉角0度です。3人とも生年月日が近いですからね。横山やすしは、水星と火星が凶角90度で、その水星に太陽が重なっています。古舘伊知郎(1954・12・7)も水星、火星が凶角90度です。人を怒らせるのが上手な星並びとも言われています。

まずは性格を診るシングルチャートですが、吉角ならば、攻撃的な知性、会話、つまりイケイケどんどんで頭を使うタイプなのです。頭の回転が速く、テンポの早い知性を持ち、どんな分野のことでもすぐに自分のものにできます。口達者。初対面の相手でも物おじすることが無いので、営業をする人には天職の星並びとなります。ビジネスでは成功しやすいです。また、するどいツッコミを入れ、世間の悪を暴く、ジャーナリストにも向いている星並びです。数学が得意な人も多く、理系にも向いています。頭脳プレイは得意。ゲームはもちろん、危機に瀕しても、回転の速い頭脳で乗り切るタイプです。人の弱みを見つけるのも上手いです。敵に回したくない相手ですが、・・・思ったことを率直に口に出し、自己中心的なところもあるので、敵を作りやすい人です。つまり、口が悪い印象を与えるかもしれません。相手を畳み込むように話し、理屈っぽい人が多いです。マシンがトークだったりもします。
相手の星並びがこれでしたら、口ケンカはしない方がいいですね。この人と口ケンカをしても勝てない可能性が高いです。討論も勝てません。(ただし、自分もこの星並びを持っていたら、話は別ですが)。批判能力も高く、頭の回転も速いので、・・・この人と討論などで立ち向かうことになるなら、正面からぶつらかない手段を考えましょう。弱点はスピードを出し過ぎてしまうことや、10、20代ならば、討論に勝つ自信があるためか、少々鼻を高くして、調子に乗っていることですね。そこを狙って、罠にはめることを考えましょう。
早いテンポでちゃきちゃきしているので、チームや集団をまとめるのが上手いです。頭が実力以上に良く見えるので、チームリーダーなどに抜擢されたりしますが、少し付き合ってみると、意外に底が浅いことがばれてしまうことがあります。実は弁が立つのですが、口先感もあり、人望が薄いかも。会議などは、最後の方で、上手くまとめてしまうところがあるのですが、何故、早くまとめてしまうかというと、自分がただ早く帰りたいからだったりします。そういう面も周囲から見透かされていることも多いようです。考えに厚みが無かったりして、部下の人たちが付いていこう人が少なかったりして、人徳感が無かったりします。

シングルチャート凶角でも、表面上は吉角の人に似ています。ですから、上の吉角を参考にされるといいでしょう。私はこの星並びを「口ケンカ星」と呼んでいます。口達者を越えて、毒舌になっていることでしょう。鋭い知性の持ち主ですが、神経質で皮肉っぽく・・・、でもずる賢くもあります。吉角と違って、攻撃性、自分勝手なところが強く出てきます。だから、人のアイデアを上手に奪うのも得意です。批判精神も旺盛なので、敵を作りやすくなります。早まった行動で失敗を招くこともあります。規律を守らないという点もあります。言い過ぎ、やり過ぎの傾向があります。考えをすぐに口に出す癖をコントロールする必要があります。吉角と同じく、頭はキレ者だったりしますが、部下の人たちから慕われて、この人に付いていきたくなると思われるような人徳感には欠けているかもしれません。吉角同様、この人とは討論、口ケンカには勝てないことでしょう。
敵対する相手がこの星並びならば、どんどん挑発して、興奮させて、自滅させましょう。
自分自身がこの星並びの場合は、落ち着きと思いやりを大切にしましょう。

ダブルチャート(生まれた時の水星×現行の火星、生まれた時の火星×現行の水星)で、水星と火星が吉角ならば、おしゃべりの力がアップします。活動的な気分も増します。普段、引っ込み思案な人には、ちょうどいい星回りです。前進に役立つ知識や情報を得られる時でもあり、それがチャンスの獲得につながります。地位を上昇させるチャンスがあったら、見逃さないこと。この時期は命令や指示を与える能力も高まるため、若い人たちの助力に恵まれます。畳み込むように説得する力が付きますので、営業力もアップします。プレゼンなどでも活躍できます。面接にもよいでしょう。友人との会話も盛り上がるでしょう。ただし、ブラックユーモアや皮肉をネタにすると、行き過ぎて、周りがどん引きしてしまうかもしれないので注意。空気を読みましょう。
話のやりとりが活発になる日。ディスカッションは熱くなりやすい日。有益な時間となりそう。仕事だけでなく、政治や経済といったお堅い話なんかにも自然な流れで進んでいきやすい。会話が速くなるので、早口漫才みたいなテンポになりやすい。理屈っぽくなったり、マシンガントークになったりもします。積極性も加わるので、普段話すことが苦手な人でも、人前で話すことをトライしやすいです。大勢の人前でも、物怖じせずに話をすることが出来るでしょう。
頭の回転が速くなっています。冴えているということ。会社の難しい議論もちゃちゃっとまとまっていくことでしょう。ただそのスピードの速さは、信頼が薄く、底が浅いかもしれません。というもの、なぜ、会議を早くまとめて結論を出したいかというと、終わったらみんなでカラオケに行きたいからとか、その程度だったりします。にわか作り、インスタント、そういった感じの速さ、スピード感とも言えるでしょう。

ダブルチャート凶角ならば、コミュニケーションが攻撃的になっているということで、「口ケンカ星」と呼んでいます。精神的な疲労が増し、気分的にも焦りがちとなります。そのためか、皮肉っぽくなります。性格の悪い批評家になってしまうといった感じでしょうか。早とちりしてミスも起しがちになります。この時期は、まずは興奮を抑えること。組織の中で働く人であれば、あなた自身の利己主義のために全体の調和やリズムの流れを乱さないように注意してください。討論は熱くなり過ぎるかもしれません。
また、激しい言い合いが起こりやすくなります。時に毒舌気味で、誹謗中傷、罵倒し合うことになります。テンポは良いが、ヒートアップし過ぎる傾向があります。理屈っぽくなる面もあるが、それもまた嫌みな感じになって、口論のトリガーになりかねない。
一歩立ち止まって考える癖を付けるといいのですが、水星、火星とも足の速い方の星なので、吉角や凶角になっても、気づかないのですね。後になって、ホロスコープを見て、“ああ、しまった。火星と水星が凶角だったよ”と後悔するパターンとなりやすいです。

相性鑑定で、吉角ならば、知性的で熱い討論やテンポの早い会話をする相手となるでしょう。仕事や会社の将来、政治、経済など真面目な話題になりがち。計算高くもなり、仕事の面ではメリットの多い相性となります。真面目な話はいいのですが、カップル、友人の場合は、理屈っぽくて、話に面白みが欠けるかも。
凶角ならば、口げんかをしやすい相手となるでしょう。火星のある方が攻撃します。もしくは2人揃うと毒舌化してしまうとか。0度でも凶角として働きやすい星並びです。ただ、付き合い始めのカップルぐらいでは口ケンカはあまり出ず、ディカッションが活発という感じでしょう。会社や学校との相性で、会社、学校側に火星があると、“よく叱られる”という形で出やすいです。人の側にあると、会社や学校に攻撃的なトークをすることになります。夫婦の相性鑑定で凶角ならば、口ケンカは激しい可能性があります。しかし、歳を取ってくるとほとんど話さないようになる可能性があります。火星側の人が攻撃し、水星側の人の方が特にやられてしまうので、話したがらくなるのです。
参考ブログ:「やがて無口の、口げんか星」「叱られまくりで、まじ地獄だよ。