土星
土星
土星
土星

土星同士のアスペクトは吉角でも凶角でもほぼ同じ意味になります。人生の節目です。成長の階段を上る時期です。その時期には重要な転機と選択肢と試練がやってきます。

ダブルチャート(生まれた時の土星×現行の土星、生まれた時の土星×現行の土星)で吉角ならば、人生上の重要な転機を迎えます。もしくは転機となるきっかけの(良い意味でも悪い意味でも)事件が起こる時期です。サターンリターンとも呼ばれます。一段上の社会人としての義務を果たすため、自分の態度を決定する場面に遭遇することでしょう。土星は1周するのに、30年かかります。最も強い吉角の0度は、およそ30歳と60歳に迎えます。長寿の人は、90歳でも迎えることでしょう。30歳前後というのは、結婚の時期であります。また、他の60度、120度の吉角を考えると、およそ24歳、36歳、42歳頃となります。どうでしょう。この辺りで結婚された方も多いのでは。実際、自分の中で、過去の転機となった時期を探ると、土星同士のアスペクトが絡むこともあります。
60歳という年齢は還暦で、人生をもう一周やり直すという意味で、赤い衣装を身に着けて、“赤ちゃんとして”祝う習慣が日本にはありますが、占星術的にも、60年は、土星がちょうど生まれた位置に来て、同時に、木星も生まれた位置に来るのです。土星が一周30年、木星が一周12年ですから、その最小公倍数(それぞれの数字の倍の数の中で、ともに一緒になる数)を見れば、60年だと気づくことでしょう。試練を与える土星と、成功を与える木星の2つの星が生まれた時と同じ位置に来る。まさに人生をもう一度やり直すという意味にぴったりの年なのです。
還暦というのは、東洋の暦で節目とするものですが、西洋占星術と偶然にも一致する年齢なのです。


ダブルチャート
凶角ならば、ほぼ吉角と同じ意味になります。人生の節目の出来事が起き、環境に変化が生じやすくなります。成功に向かって、人生を軌道修正する時期であります。だいたい15歳、45歳、75歳ということですが、15歳というのは、中学3年生ですから、まぁ、人生の節目ですね。45歳もね。まぁ・・・節目ですわね。