天王星のアスペクト(変化、チャンス、個性)


天王星は、変化、チャンス、改革、個性、独創性を司る星です。
天王星には、変化という意味合いが最も強いのですが、一方、“棚からぼた餅”ということわざがあるように、まさにそのような思わぬ恵みを与えることも意味しています。ダブルチャートで吉角のアスペクトを組む場合には、チャンスを期待しておいた方が良いでしょう。またシングルチャートでも、天王星が吉角を形成していれば、思わぬ時にチャンスが恵まれることが期待できます。
発明、発見、革新、オリジナリティ、さらには、ひらめき、天才をも意味します。一方、凶角に出ると、反抗、孤独、変わり者などの意味になってしまいます。



天王星 × 太陽 (本人)
 → 太陽×天王星を参照




天王星 × (精神、内面)
 → 月×天王星を参照




天王星 × 水 星 (知性)
 → 水星×天王星を参照




天王星 × 金 星 (快楽、愛情)
 → 金星×天王星を参照


天王星 × 火 星 (力、勢い)
 → 火星×天王星を参照



天王星 × 木 星 (財運、成功、拡大)
 → 木星×天王星を参照


天王星 × 土 星 (抑制、地道、辛抱)
 → 土星×天王星を参照



天王星 × 天王星 (変化、チャンス)
ダブルチャートで、天王星同士のアスペクトでは、吉角でも凶角でもそれぞれ“変化”の時期となります。一番典型的なのが、180度の凶角の時期です。
天王星は、一周するのに、およそ82年かかります。つまり、生まれた時の天王星と、現行の天王星が180度の凶角の時期は、およそ42歳の時です。この42歳という年齢でピンとくる人も多いでしょう。そう、男性の厄歳です。本厄です。おそらく、逆行とかも考えると、41〜43歳の間にこの180度の凶角を形成すると考えて下さい。
西洋占星術的に見ても、およそ42歳というのは、ダメージを受ける年齢なのです。悪い方への急変化が起こりやすい時期なのです。
90度の凶角は、21歳頃。120度の吉角は、およそ35歳と55歳。60度の吉角は、14歳と68歳。ならべてみると、14歳、21歳、35歳、55歳、68歳、82歳。なんとなく変化の時期であることはお分かりでしょう。
吉角、凶角はそれぞれ個人の行いと努力で、転化しやすいことを考えれば、どの年齢が吉で、どの年齢が凶などとは安易には言いにくいものですね。



天王星 × 海王星 (感情)
海王星は直観の星です。これにひらめきの天王星がアスペクトを吉角すると、かなりの直観も持ち主となることでしょう。飛躍したアイデアと霊感。理想主義だが、飛躍しすぎて、なかなか日常的な意識とは接点を持てないところがあります。夢見る夢子さんであることには違いありません。社会的なステイタスに対しては、皮肉っぽくなります。

シングルチャートで、天王星(ひらめき)と海王星(感性、夢想)が吉角を形成すると、高度なインスピレーションと直観力を持ちます。情緒に感じやすく、一方で、抽象的な事柄をひらめきに似た直観で理解します。内面的啓発に促された清らかで澄んだ感覚と、覚醒した意識を持ち、スピリチュアル・神秘主義への関心、その才能もあります。エキセントリックな性格と言えますが、侮れない天才的な何物かを持っている可能性もあります。優れたアイデアとセンスは、他者の追随を許しません。科学・思想・文芸・美術の分野で天才としての業績を残すかもしれません。シングルチャートで0度で重なっているのが、いわゆる“ゆとり世代”ですね。代表的な有名人としては、きゃりーぱみゅぱみゅですね。彼らはこの先、大いに時代のセンスを飛躍させてくれることでしょう。

シングルチャートで凶角ならば、混乱を招くような奇妙な空想癖を持ちます。情緒不安定で落ち着きがなく、迷いと不安によって、前に進むことを拒むことでしょう。意識と無意識が無秩序にまざりあった状態に独特の喜びを感じ、平凡なことを続けると飽きてしまう。凶角とは、もともと“出過ぎている”という意味ですので、コントロールができれば、吉角と同じく、他者の追随を許さない優れたアイデアとセンスを持っており、天才として業績を残すこともあります。ただし、凶角なので強すぎて害になるという可能性は含んでいます。有名な天才として、第1次大戦中に毒ガスを製造したフリッツ・ハーバー(凶角90度)、第2次大戦中に原爆を製造したオッペン・ハイマー(凶角180度)がいます。元サザンオールスターズの桑田佳祐さん(1956・2・26)も凶角90度ですね。

ダブルチャート(生まれた時の天王星×現行の海王星、生まれた時の海王星×天王星)で吉角ならば、ひらめき、直観が冴える時です。この時期は、勘に頼る方が正しい方向へ進めることでしょう。またインスピレーションも優れ、未来を予測するビジョンも力が発揮されます。内面的な覚醒によって、意外な成果を築くことができるかもしれません。

凶角ならば、頭の中も、心の中も、混乱状態に入るかもしれません。情緒は不安定になり、不安にさいなまれることでしょう。周囲からは、不審な行動をしているように見られるかもしれません。常識的、倫理的に見て、やってはならないこともやってしまうこともあるでしょう。この時期は、とにかく冷静になり、心落ち着けて、感情・考えがぶれないようにしましょう。

相性診断で、吉角ならば、現実感のないカップルとなるでしょう。ピーターパンのようなネバーランドに住む住人のようになるかもしれません。幻想的なのはいいのですが、現実感が無いのはちょっと退廃的かも。居心地は良いですよ。そもそも生まれつき天王星と海王星が0度の人がきゃりーぱにゅぱにゅですから、2人揃えば、きゃりーになるとイメージして下さい。
凶角ならば、現実感があまりに無いということになりますが、実際には90度凶角の相性となると、親子並みの年齢差になっていることでしょうから・・・この例はほとんど診たことがないですね。180度凶角だと祖父母並みの年齢差でしょうね。


天王星 × 冥王星 (審判、権力)
冥王星は破壊と再生という意味があり、革新、変革の天王星と絡むと・・・。改革へと向かう衝動的な行動力を持ち、古いもの、慣習に支配されたものを見ると、迷わず壊したくなります。ひねくれた冷笑的な態度が目立つが、改革心は本物で、世の中を変えていく力があります。
シングルチャートで天王星と冥王星が吉角にあれば、改革への情熱と溢れるエネルギー、目的に対する強烈な目覚めを与える星並びです。古い体制を崩壊させ、新しい事物を創造します。そのエネルギーは無限とも言えるほどです。目標達成のためには疲れを知らぬ我慢強さの持ち主で、また集団を組織する能力も備えています。

シングルチャートで凶角ならば、何事も転覆させようとする傾向を持ち、将来に対する確かな設計を欠くことから、何事も永続しないという意味を持ちます。破壊的な事柄に関心を持ち、転職などを繰り返す可能性があります。集団での暴力にも関わるかもしれません。しかし、常に変革を求めるので、不穏な時代の中では最も生き生きとできる人です。

ダブルチャート(生まれた時の天王星×現行の冥王星、生まれた時の冥王星×天王星)で吉角ならば、革新の時です。新たな方向に進むのに、希望を見出し、力が湧いてくるでしょう。古い考え方ややり方に固執せず、あなたなりの方法で革新を進めていってください。この時期、ひらめきと新しい事物に取り組むエネルギーがあります。
凶角でも、革新の時期と言えます。古いものは崩壊し、消える運命にあります。この時期、あなたは古い体質の組織や考え方にしがみついていると、淘汰される危険があります。新しく有望な分野に進むようにしてください。かと言って、未来への洞察も無く、むやみに破壊を望むばかりでは、何も残らなくなるでしょう。


相性鑑定では、革新の星並びとなって、古いものをエネルギッシュに壊したがるコンビとなるでしょう。既成のものに対してアンチとなりやすいです。凶角の場合、破壊的に古いものを壊したがるのでしょうが、90度凶角となるのですら、親子並みの年齢差で、180度凶角となると・・・いるのかしらね。ほとんど鑑定したことがないです。

天王星 × MC  → MC×天王星 を参照
天王星 × ASC  → ASC×天王星 を参照
天王星 × IC  → IC×天王星 を参照