太陽のアスペクト(自分自身、生命の源、活力)


太陽は、まさに星占いではメインの指標となります。一般的に知られているいわゆる12星座星占いは、この太陽がどの星座にあるかで、占っています。10個の星があるにも関わらず、太陽だけで、性格と運勢を測るという大雑把な星占いですが、それでも、何となく当たっているように感じられるのは、それほど、太陽というのは、星占いにおいて主的存在で、大きな力を占めているからです。
太陽はホロスコープ星占いにおいても、柱のような位置を占めています。社会環境を含めての自分そのものです。 自分自身の性格、運勢は、太陽によってまずは大きく診ていきます。

※生まれた時の太陽の位置を絡めて、ダブルチャートでのある特定の運気を診る場合、火星より外側の星(海王星以外)では、生まれた時の太陽(内側のチャート)から時計回りに90度の位置は良い運気をもたらします。90度でも凶角の意味合いを持たないのです。少々ややこしいですが。



太 陽 × 太 陽
特定の時期の運気を診るダブルチャートで、生まれた時の太陽と現行の太陽が吉角の時、特に0度の時は、誕生日を意味していますが、生命力、勢い、バイタリティ、向上心が高まります。誕生日などは、年齢を1つ増やす度に、心機一転することが多いのですが、それも星の影響でしょうか。新しい計画などをスタートさせるには、良い時期です。支援も受けやすい時期です。ホロスコープは円なので、1周360度です。1年は365日です。円が360度なのは、実は、星占いで太陽の位置を探りやすくするためなのです。およそ5000年近く昔、円の図形を360度で区切ってしまえば、1日に1度ずつ、太陽が動く図形ができるからでしょう。このホロスコープと図形は、太陽が1年をかけて一周する時計のようなものなのです。いわば、暦、カレンダーのようなものでもあるのです。その後で、数学の幾何学はこの星占いで使われた図形と角度を用いたのです。さすがに365で区切ると図形がややこしくなるのと、5000年前の当初は、一年が365日と測り切れていなかったのかもしれませんね。
ですから、吉角になる日を知るのは簡単で、60度、120度になる日・・・これを考えると、自分の生まれた誕生日の2か月後、4か月後、8か月後、10か月後がちょうど吉角になる計算になります。

一方、生まれた時の太陽と現行の太陽が凶角の時、社会的なトラブルが起こりやすくなる時期です。バイタリティも弱まっています。この時期、他人と争うのはあまり良くなく、何事も控えめにしておいて、心身とも休めるぐらいの気持ちでいましょう。
凶角になるのは、90度、180度ですから、自分の誕生日の3か月後、6か月後、9か月後となります。


相性鑑定で、太陽が吉角ならば、価値観が合いやすい相手ですね。太陽が180度位置同士の場合は、育ちの社会的な背景が全く違うというイメージを持つことになるでしょう。そのために価値観のズレを実感することでしょう。一方は貧乏育ちで、もう一方は裕福とか。一方は自由奔放の家庭、もう一方はひどく厳しかったとか。


太 陽 × (精神・内面)
太陽は社会的、男性、月は人間の内面、心の問題、女性とイメージしてください。
太陽と月のアスペクトを見る場合、吉角でも0度か、120度&60度かで、少々違ってきます。0度(新月に生まれた人)は、社会と心が一体化してしまうと考えて下さい。どのようなアスペクトにしろ、自己実現にまい進することでしょう。
また、男女の価値観で診る場合は、月が女性だと考えて下さい。満月、つまり女性が輝く時に生まれた人は、女性ならかかあ天下ですし、男性なら、女性を立てる人になります。逆に新月ならば、月=女性の姿が消えてなくなります。男を立てる女性になりますし、男性なら亭主関白となります。また男性なら、女性の部下を上手に引き立てる上司になります。満月=凶角。新月=吉角と覚えると良いでしょう。

シングルチャートで、太陽と月が0度ならば、性格的な偏りが出てしまいます。視野が狭くなりがちです。心と社会が一致し、社会の目を気にするためか、虚栄心も強くなりそう。仲間からは孤立しがちですが、目上の人から援助も得やすく、昇進しやすいでしょう。自尊心が強いため、下級の仕事でも良いというわけではなく、責任ある地位に就くタイプです。上下関係には恵まれますが、横の人間関係は広いとは言えないようです。真っ直ぐすぎるといった感じでしょうか。独立して個人経営などする場合には、目上の人や家族から援助を得られるでしょう。

0度の女性は、妻となると、世間体を重んじ、お財布に無理させても見栄を張るタイプとなるでしょう。妻としての義務をよく果たし、夫に誠実に尽くします。亭主関白な家庭になりがちですが、尊敬できる夫を選ぶでしょう。しかし、自分を捨てて、同化させてしまうので、個性と才能は失われるかもしれません。
0度の男性は、自分を立ててくれるような女性を妻に選ぶ傾向があります。明るく、人に自慢できるような社交性も兼ね揃えた女性です。
60度&120度の吉角の人は、落ち着いた性格で、人気運もあります。家族の協力を得て行う自営業や夫婦で一緒に働く仕事に向いています。独立心も強いですが、全体の利益も考えた行動もできます。サラリーマンならば、上位者からの引き立てや同僚からの支援も受けやすいでしょう。
この星並びの人が妻となれば、世間体よりも円満な家庭生活を愛する人となるでしょう。包容力があり、気心が合うことを優先に夫を選び、身分や収入に見合う範囲で楽しい家庭を築きます。夫に理解ある協力的な妻となるでしょう。
この星並びの男性は、女らしくて世話好きな女性を妻に選びます。その妻は保守的ですが、家事を喜んでこなす性格で、人付き合いも良いでしょう。

シングルチャートで凶角ならば、心(月)と太陽(社会)が合っていないとイメージしてください。心とその人を取り巻く社会が通じていないのです。思い通りにならないので、斜に構えてしまっているのです。そのため、不安定で好戦的な性格のため仲間から孤立しがちです。自我が強く、指図や命令を嫌うため、目上と衝突しやすく同僚とも折り合いを悪くしがちです。下積みの間は不本意なことが多いはずですが、人を使う立場になれと力量を発揮します。経営者となると、ワンマン型になりやすく、従業員や家族の非協力に悩むことになるかもしれません。仕事に関した事柄で父親と意見が対立したり、上位者の反対を受けたりすることがありそうです。家庭的な事情から自分の志望とは異なる職業に就いたり、家督の相続人の立場に置かれるかもしれません。常に自分を取り巻く環境と自分自信に矛盾を抱えることになるが、常に向上心も衰えることなくいられます。
この星並びの女性は、家庭の幸福より社会的成功を優先する性格です。キャリアウーマンの道を選ぶことにもなるでしょう。また結婚しても社会で活躍しようとします。夫の性格によっては、協力を得にくく、また家庭内で男性の役割を果たさなければならない立場に置かれることもあるかもしれません。

ダブルチャート(生まれた時の太陽×現行の月、生まれた時の月×現行の太陽)で、吉角ならば、あなたの心が社会と通じ合える時期です。周囲の人たちと理解し合え、また家族の結束も強まる時期です。直面している問題があれば、よく話し合うことで、解決に向かうでしょう。
一方、凶角であれば、周囲の人たち理解し合えていない可能性があります。もう一度、冷静に周囲の人たちとの関係を見つめてみましょう。他人や家族との間に困難な問題を感じるかもしれません。
しかし、太陽と月はともに脚が速いので、吉角、凶角とも数日間で終わってしまいます。特に現行の月は1日で、吉角、凶角の域を去ってしまいます。ですから、生まれた時の月と現行の太陽の吉角の時期を有効に活かせると良いでしょう。


男女の相性鑑定では、太陽と月が吉角なら、男性主導、つまり亭主関白。太陽と月が凶角ならば、女性主導、つまりかかぁ天下になりやすいです。表には出ていなくても、最終決定権が男性、もしくは女性側になりやすいです。


太 陽 × 水 星 (知性)
シングルチャートで吉角を形成している場合、純粋に頭の回転の速い人です。他の星並びにも寄りますが、おしゃべりなことでしょう。人付き合いも良く、人間関係は豊かです。そのような性格ですから、当然、仕事運も良いのです。ただし、自分とは関係のない事柄には興味関心を持たないという欠点があります。
女性ならば、結婚に対して現実的かつ冷静なタイプ。家庭内のきりもりも上手ですが、社交性が高いので、家の中に納まることはないでしょう。
この人の男性の好みのタイプは、変化と刺激があって、知的好奇心を満たしてくれる人。ウィットのある話上手な人なら、この星並びの女性に気に入られるでしょう。
人間関係を大切します。特に通信においては。ですから、この星並びの人とデートの約束を取り付けたいのなら、メールを送り続けることです。この星並びの人は、メールに来たら、すぐに返事をしたがる人です。よっぽど嫌な相手でない限りは返事を出します。つまり、メールをやりとりしておけば、いつかデートのチャンスが来るという意味です。0度でこの星並びを持つ子供がスマホを手にすると、手放せなくなります。スマホ中毒ですね。口で伝えるより、メールやLINEで伝えた方が早いかもしれません。

太陽と水星は、ホロスコープ上では28度以上離れませんので、シングルチャートで凶角になることはありません。
水星と太陽が凶角で生まれたとしたら・・・、頭の悪く、人付き合いが苦手な人となってしまうでしょうかね。

ダブルチャートで現在もしくはある時期、生まれた時の太陽と現行の水星、現行の水星と生まれた時の太陽が重なるようでしたら、その時は、社交性が高まる時期です。人や社会と接したいという気持ちが高まることでしょう。人と接する時間を多くすれば、有意義な時間を過ごせることでしょう。知的欲求が高まり、新しい知識や経験を獲得するチャンスに恵まれます。よって、ビジネス上の好機でもあります。有益な情報も入り、仕事や知性面で進歩が得られます。特に若い人、知識人、実業家との交際が良い結果をもたらします。
ダブルチャート(生まれた時の水星×現行の太陽、生まれた時の太陽×水星)上で、太陽と水星が凶角となる時は、判断が鈍りがちになります。遅刻にも注意。無駄なおしゃべりや軽口、他人事への干渉にも注意。余計なコミュニケーションで誤解を生むかもしれません。地位や評判を落とすような判断ミスに注意が必要です。他人を罵倒するような態度は損失を招きます。仕事は無目的となったり、意味を失いやすい時期です。あなたが中年以上の人ならば、若い人とのトラブルが起こりやすく、彼らの未熟さによって、脚を引っ張られる可能性があります。


相性鑑定で、吉角ならば、よくコミュニケーションの取れる相手となります。凶角ならば、話がちぐはぐになりやすい相手となります。


太 陽 × 金 星 (快楽、愛情)    ぬくぬく星
性格を診るシングルチャートで太陽と金星が吉角ならば、良くも悪くも優美な人です。アートやファッションにも強く、おしゃれさんで、異性に対するフェロモンも多く出す人なので、モテることでしょう。狙っている相手がこの星並びなら、ライバルが多く、かなりハードルが高いです。きれい好きですので、常にこざっぱりとした格好を心掛けましょう。しかし、付き合ってみると、愛情深い人だと分かります。貴族的で、知的教養や芸術に関心が高い反面、弱々しいところがあります。上位者や、上級の社会の人たちとも上手に付き合えるので、ハイクラスな人間関係を構築できるでしょう。有力者のひいきも受けやすいです。ある意味、“お姫さま”です。でも、貴族のように、怠け者にならないように注意。
芸能芸術関係、娯楽関係、ファッション関係、その他女性にアピールする職業、美的センスを活かした仕事ならば天職です。
愛情や人の好意を、自分のためにうまく展開させる能力と魅力を持っています。尊敬できる人の影響を受けやすい面もあります。人に甘える傾向があるが、その点がますます魅力的に見せる一面もあります。社交的にでなくても、人なつっこさがあることでしょう。
この星並びの女性は、恋愛に関しては、男性からちやほやされたり、プレゼントされるのが大好きです。好みの男性は男らしさが欠けていても、経済的な面を重視します。結婚に関しては、甘美で贅沢な生活をさせてくれる男性が現れるのを待つところがあります。経済的な安定が確保できるまで待てるタイプ・・・そのため、婚期が遅れるかも。
そして、この星並びの女性と結婚した男性は、高収入を求めて、馬車馬になるかも。
また、男女とも、結婚生活は必ずしも、幸福なものになるとは限りません。なぜかと言えば、いわゆる“だめんずウォーカー”の面もあるからです。同情から恋愛になってしまう、(勘違いしている?)の延長線上で結婚する人が多く見られます。お姫さまのように、博愛主義で、弱い者に対して愛情深くなるのはいいのですが・・・。

金星と太陽は地球より内側を回っているので、ホロスコープ上では、48度以上離れません。凶角となるのは、弱い力の45度ですが、この星並びの人は怠惰さが表に出てくるでしょう。愛情問題が足かせとなりやすいので注意が必要です。

ダブルチャート(生まれた時の金星×現行の太陽、生まれた時の太陽×現行の金星)が吉角であれば、
フェロモンをかなり大量に放出し、性格も陽気になり、美的センスも上がり、モテる時期となります。人を惹きつける力が増し、自分の魅力にも自信が持てるようになります。社交性も高まり、ハイクラスの人たちとの交流も期待できます。パーティなどに誘われる機会を得やすいので、チャンスは活かしていくようにしましょう。
一方、凶角の時は、贅沢や浪費による大きな出費に注意です。調子に乗って、大盤振る舞いもしてしまいそう。貧乏貴族にならないよう、財布のひもを締めていきましょう。自分の魅力を過大評価して自惚れたり、また賭け事や快楽、スリルを伴なうものに誘われやすい時期でもあり、注意が必要。また自分の魅力を過信するのはやめましょう。
ですが、太陽も金星も足が速いので、吉角も凶角も数日で終わります。実感する前に過ぎ去る可能性がありますので、よく見張っていましょう。


男女の相性鑑定では、吉角、特に0度になると、兄妹、姉弟のような感じになるでしょう。家族のように感じられる相手。ラブラブという感じではないですが、一緒にいてもくつろげるいい相手です。凶角では甘えすぎているかもしれません。だらしなくなります。何ごとにも緩く、まぁいいかと言う感じで家事をしなくなっていくことも多々あるようです。気付いたら、洗濯ものが山になり、部屋の片づけが・・・でも、本人たちは結構、幸せだったりします。同性同士の場合は、吉角にしろ、凶角にしろ、良くも悪くも甘えるように遊べる相手です。


太 陽 × 火 星 (力、勢い)
火星は、力、健康、勇気、情熱、エネルギー、暴走などの意味があります。これらが太陽と絡むと・・・。
シングルチャートで性格を診ると、吉角ならば、強い意志と大胆さ、勇気と言ったものを持ち、先頭に立って、支配的、指導的立場でものごとを進めようとします。活気があり、元気な人です。体力もあり、よく働く人となります。運動能力も高く、基本的に健康維持に優れています。自己主張が強く、目標に向かって進むエネルギーには目を見張るものがあります。現場の最前線などで采配を奮うと存在感を発揮するでしょう。ただし、自分自身に対しても厳しく、精神的な焦りや働き過ぎによる事故、病気には注意が必要です。短気で衝動的なところにも注意。ですから、冷静さも人より多く必要とされます。0度ぐらい強くなると、寛容さにも欠けるところがあり、人が成功することに嫉妬心が湧くという欠点もあります。
この星並びの女性の好みのタイプは、肉体的たくましさとセクシーさを備えた男性です。大胆で、開拓精神に溢れた男性。妻となると、勝ち気で気性が激しく、仕事を持っていれば、男勝りの手腕を発揮するでしょう。おそらく共働きとなり、夫を助けて、困難を乗り越えていくことに喜びを感じ取ることでしょう。仕事と家庭を強い意志と賢明さで両立させていきます。

シングルチャートで凶角とならば、負けず嫌いで闘争心を持ち、感情に走りやすい性格のため、仲間などと口論などをすることでしょう。競争に勝つことがばかりに関心を寄せていると、信用を失います。強引さも目に付きます。冒険心もあるのですが、無謀な計画も立てやすく、困難を招きます。投機的ビジネスは破綻することでしょう。無駄なことに大きな労力を払いやすく、消耗しやすくなります。
腹を立てやすい、短気な性格はありますが、それも20代まででしょう。怒りやすい性格は、社会的制裁を受けやすいので早めに治ってしまうこと多いようです。
この星回りの女性は、一匹オオカミタイプの男性を好みます。また、あまり考えることなく、性急に結婚してしまう傾向があります。勝ち気で感情が荒々しく、夫と張り合うことも多いでしょう。家庭の家事だけでは力が余り過ぎて、仕事や社会的活動にエネルギーのはけ口を求めるでしょう。

ダブルチャート(生まれた時の火星×現行の太陽、生まれた時の太陽×現行の火星)で吉角ならば、エネルギッシュになります。目標達成のために、普段以上の力を発揮することでしょう。現場を引っ張る主導的立場の力も出てくることでしょう。行動も大胆になります。健康運もぐっと高まり、スポーツなどでは活躍する場面が出てくるでしょう。しかし0度くらい強くなると、プレッシャーがかかりやすい時期でもあり、短気にもなりやすいので注意。
一方、凶角になると、暴走しやすくなります。ケンカもしないように、冷静さを保つようにしましょう。挑発的な行動もしやすく、そのため、周囲の人間関係が緊張状態に陥ることもあります。イライラ感も高まります。判断力も鈍ります。頭を冷やすようにしましょう。

ただし、生まれた時の太陽(内側)とその位置から時計回りに90度の位置に来た時の火星(外側)の運気は、良い意味となります。社会的地位や存在感が増大します。信用も増し、業績も上がる時です。最高の実力を発揮できる時期で、この時がピークであることを自覚して計画を進めていきましょう。


相性鑑定では、吉角ならば、元気を与えあう相性となります。凶角ではケンカになりやすい相手となります。落ち着きを保って付き合うようにしましょう。それほど激しくぶつかり合うとは限りません。



太 陽 × 木 星 (財運、成功、拡大)
木星は最大の吉星で、仕事運を向上させます。富と名声にも恵まれる星です。人間が大きくなるというように捉えて下さい。性格的には、吉角は大らかで、凶角は大ざっぱということですが、ほとんど見た目の現象としては“大ざっぱ”で同じでしょうね。

人生全体の運気と性格を診るシングルチャートで、この木星と太陽が吉角ならば、陽気で、寛容で、礼儀正しく、善良で、健全な向上心も持っています。時間はかかるかもしれませんが、有名になったり、社会的信用を得て、裕福となるでしょう。未経験の環境に飛び込んでいっても、成功しやすい恵まれた星並びです。精神的余裕をもって人生を楽しむタイプで、仕事を通して社会に貢献しようとします。文化教養や、趣味、道楽の分野、教育産業、出版・広報、医師、弁護士、貿易商など、さまざまな分野で成功を収める可能性があります。概して、商売がとても上手です。しかし素朴でシンプルな生活を好み、奢ることがないので、支出が収入を上回る心配がなく、自然と蓄財ができます。官公庁や大企業など、社会の第一線の陽の当たる場所との関わりに恵まれることでしょう。
この星回りの女性は、良い先生となり、人間的に成長させてくれる男性を好みます。誠実で信頼でき、高い理想を持った人です。双方の両親が認めるような結婚ならば、幸せな家庭が築けるでしょう。しかし、この星回りの女性は、結婚より、自由を求めるタイプなので、結婚より同棲を続けたり、仕事での成功を収めた後での結婚となるかもしれません。結婚を数回行う可能性もあります。

シングルチャートで凶角とならば、楽観主義で、傲慢な性格の人となるでしょう。大きくなり過ぎて、害になっているということです。野心的で冒険的。報酬の少ない仕事には満足できません。富と豊かさへの願望が大きく、投機的な事業を好みます。常により高い地位と収入を求めます。しかし、野心的で法外な利益を狙うため、失敗を招き、金銭を失うこともありがちです。どんぶり勘定のため、お金が貯まりにくいです。財布のひもを締めるようにしましょう。また高級で贅沢な生活を好む面もあるため、支出が収入を上回りやすいので注意。つまりお金のコントロールが下手なのです。浪費家ですね。大風呂敷を広げたり、ビックマウスであったりします。派手なアクションが多いけれど、基本的には“いい人”です。
凶角の星並びを持つ女性は、冒険好きな野心家が好み。裕福な男性を求める傾向があります。気ままな性格から、恋愛回数や結婚回数が多くないがちです。しかし、もともと結婚生活には多くを求めず、仕事に生きる方が、社会的に成功しやすいでしょう。

ダブルチャート(生まれた時の木星×現行の太陽、生まれた時の太陽×現行の木星)で、吉角を形成していれば、発展と財運のチャンスが得られます。ものごとがスタートしやすい運気です。希望をもって、楽しく、正しく努力しましょう。財政的な援助も得られるかもしれません。知的レベル、社会的地位の高い人との交流が有利となるでしょう。有力者の引き立て、良友の支援、有望な事業計画に恵まれ、運はただそれをつかめば良いだけの状況になります。良縁を得たり、婚約成立の喜びも期待できます。
ダブルチャートで凶角の場合を語るのですが、木星は大きな星故に、いろいろなパターンが出てきます。1年で1周する現行の太陽が、生まれた時の木星と凶角を形成する時は、凶運となります。
一方、ゆっくりと1周するのに12年かかる木星が、生まれた時の太陽と凶角(90度、180度)を作る時は悪い影響を与えないと考えて下さい。
12年に一度の凶角の方は、むしろ良い運気を与えると覚えてください。

現行の太陽(外側)が生まれた時の木星(内側)と凶角を形成している場合、90度と180度で、年に3度ある星並びですが、形成していれば、楽天主義が悪く出て、見通しを誤り、損失、失敗を招くかもしれません。反道徳的な行動にも注意が必要です。また、間違った方向に導く人が現れる可能性もあります。

生まれた時の太陽(内側)と現行の木星(外側)が凶角180度の場合、12年に一度あるのですが、すべてが新規となる時期です。野望があなたを駆り立て、新しい業界や交友会に進出するチャンスと言えます。環境が掃除、クリーンアップされる時です。上司が変わったりすることもあるでしょう。他社からの引き抜きなどの誘いもあったりするでしょう。快適で、働いた分だけ収入に結びつく時ですが、楽観主義に陥るのは禁物です。それほど財運、仕事運は良くありません。

生まれた時の太陽(内側)とその位置から時計回りに90度の位置に来た時の木星(外側)の運気は、社会的評価と名声を手に入れる期待ができます。仕事量が増え、オーバーワークになる傾向があるため、健康管理には注意してください。一方、交際も増えるため、浪費も多くなります。

また、生まれた時の太陽(内側)とその位置から逆時計回りに90度の位置に来た時の木星(外側)の運気も、良い意味となります。新しく始める計画が成功する時です。この時期の業績が良いということではなく、将来、成長するための基礎作りの時期です。財産を蓄えられるため、住居や車、耐久財の購入に向いています。この時期は私的な生活の充実に力を置き、それが仕事にプラスに影響することとなります。

つまり生まれた時の太陽と現行の木星が凶角の時は、悪い意味にはならないということです。


相性鑑定では吉角の場合は、お互いに大きくなれる相手です。居心地のいい、気分が良くなることでしょう。財運、仕事運も良くなります。凶角の場合は、調子に乗り過ぎるかもしれません。大風呂敷を敷いたり、ビッグマウスになったりするかも。


太 陽 × 土 星 (ブレーキ、地道、辛抱)
土星は忍耐、真面目、地道、努力、堅実、保守的、制限、困難、試練の星で、障害を乗り越えれば、ご褒美を与えてくれる星です。余分なものを排除して、自分の意志を自覚することに長けてくるが、強く働くと抑圧感、窮屈感に苦しめられます。どんなアスペクトであれ、目的達成には人より時間がかかることを覚悟しておいてください。

シングルチャートで、太陽と土星が吉角ならば、地道にコツコツと築き上げた成功者に見られる星並びです。苦労して、その苦労を乗り越えての成功です。信用をよく重んじるタイプで、細かな点にもよく配慮します。綿密な計画などもじっくり作り上げます。よい意味での古さと安定感が、人生を堅実な成功へと導きます。忍耐力、節約心は十分ですが、度が過ぎると少々、ケチに思われるかもしれません。また、0度くらい強くなると父親や年長者から束縛を受けているかもしれません。
土星には、石橋を叩いても渡らないという慎重さがあります。そのため、恋愛、結婚に関しては臆病になりがちです。晩婚となりやすいでしょう。一度縁を結んだ人とは、相性が悪い人であっても相手の要求に合わせていける順応性、(従順性?)があります。たとえ職業上で成功していても、夫の求めに応じて家庭に入り、良妻賢母となります。好みのタイプは、責任感が強く、節度があって、仕事を大切にする人です。本人も自力で生計を立てるか、夫となる人を懸命に支えていくことでしょう。

太陽(本人全体)に土星が吉角で掛っていると、他の性質すべてにブレーキを掛けてしまいます。例えば、おしゃべり星(水星×金星)、エロ星(火星×金星)といった快楽面の強い性質は、太陽×土星の真面目な性格によって抑えれ、表面に出なくなってしまいます。ですから、この太陽×土星は、全体の性質を読むのに重要なポイントとなってきます。

シングルチャートで凶角ならば、幼い頃から苦労をして育った人でしょう。苦労人の星です。両親が子供の頃に離婚して、経済的にも困難な思いをしているというのはよくあるパターンです。もしくは父親と仲が悪かったとか。他に財運の良い星並びが無ければ、たいていはお金に苦労しています。執着心も強いです。そのため、節約家、悪い言葉を使うならばケチになっている人も多いです。責任感があり、緻密さがあり、律儀で潔癖な人ですが、職場などでは、実力がなかなか発揮できず、野心は持っていますが、小心者で、発展を阻止されがちです。執念や恨みも持ちやすいです。頑固な人になりやすいです。権威などに常に心の中で反発するか、逆に呑み込まれるかになりやすいです。恨みは早めに許すようにして、忍耐強さとともに、エネルギーはプラス方向の発展のために使いましょう。そうすれば、吉角と同じく、地道に成功を積み上げていく人となります。
土星が絡むと凶角でも恋愛は苦手になるようです。吉角同様、恋愛、結婚には警戒心を抱いてしまう人が多いようです。そのため、結婚の成立が困難となりがちです。この星並びの女性は、責任感があり、仕事優先の人生観を持っている人を夫に選ぶでしょう。

ダブルチャート(生まれた時の土星×現行の太陽、生まれた時の太陽×現行の土星)で吉角ならば、生活や行動が制限されることを覚悟しておきましょう。責任や役割を与えられがちです。また消極的になりがちですが、地道さと堅実さを重視した姿勢でことを進めれば、良い成果を得られます。またこれまでにじっくり努力をしてきた人は、責任を伴なう地位に就いたり、次の成功に向かって新たな努力を始める人もいるでしょう。基本的には、保守的な路線で行きましょう。

180度凶角ならば、現在進めている事柄に妨害が入ることを覚悟しておきましょう。その妨害を乗り越えるには、忍耐が必要となるでしょう。この時期は、仕事を引き受けるのは避けた方が良いでしょう。他人との交際も不愉快になりやすく、独りで話を進めていく方が良いでしょう。太陽は社会的なものを含めた自分という意味ですが、それが重圧を受けることを意味します。これまで鑑定してきた人の中には、拘束されていたという人もいました。吉角では生活の制限ですが、凶角ではより強く、拘束といった感じになるのでしょう。
ただし、生まれた時の太陽(内側)とその位置から時計回りに90度の位置に来た時の土星(外側)の運気は、良い意味となります。この時期は過去の総決算の時です。過去の業績に対して、善悪いずれとも評価を下される時で、過去の努力の結果が好ましいものであれば、この時期は地位と名誉が約束されます。しかしそうでない場合は、後退や脱落が起こり得ます。
また、生まれた時の太陽(内側)とその位置から逆時計回りに90度の位置に来た時の土星(外側)の運気は特別なものとなります。一つの人生計画が終わりを告げたことを示し、過去を脱皮して新生活にスタートする時です。過去の実績や古い人間関係にしがみついている場合ではありません。転勤、転居なども考えられます。運気はこの後、ゆっくり上昇に向かうでしょう。新しい環境に馴染み、生活のリズムを作ることが当面の課題です。

つまり、生まれた時の太陽と現行の土星との90度の時は、悪い意味にはならないということです。


相性鑑定
で吉角ならば、一緒にいると地道、真面目、堅実になっていくことでしょう。凶角ならば、土星を持っている側が、太陽を持っている側にやること、重圧、プレッシャーを与える関係となりやすいです。実際にはどちらが社会的に上の立場かということが大きく影響してきますので、逆になることもあるようです。



太 陽 × 天王星 (変化、チャンス、個性)
天王星は変化、突然のチャンス、独立、オリジナリティ、革新性、飛躍、わがままなどの意味あります。人生そのものを全体的に把握する能力、ひらめき?にも関係します。

性格を表すシングルチャートで見て吉角ならば、オリジナリティがあり、自主独立の精神を持っています。わがままとも言います。またチャンスにも恵まれやすく、棚からぼた餅といった突然の幸運が舞い込むこともあるでしょう。変化の多い人生であることには違いありません。公共の支持を得やすく、革新的な施策や組織作りにも才能があります。実際、私の知っているところでは、NPOを多く設立している人がこの星並びの人でした。公的な助成金などの獲得、人を集める力もあるのでしょう。
(自分がリーダーでない)組織や体制には依存せずに、どちらかといえば、反抗する精神を持っています。新しいもの好きで、先見の明があり、未知の分野にも果敢に飛び込んでいきます。その場かぎりの状況に振り回されず、大きな視点で自分の可能性を眺望し、計画を立れられます。特殊な能力や専門技術、新時代の先端産業の分野に向いています。
この星並びの女性は、自立した生き方を目指すタイプです。古い考えの結婚生活に反発を感じ、結婚の形式にこだわりません。結婚後も仕事を続けることでしょう。晩婚の方が安定した結婚生活を営めるでしょう。この星並びの女性は、男性に対して、肉体的魅力より、知性や才能に惹かれるタイプです。進歩的な考えを持った男性で、結婚するなら、女性の社会進出に理解のある人の方が良いでしょう。

シングルチャートで凶角ならば、自意識が強く、反骨精神が表に出てくることでしょう。アンチです。権力者、公的権力に歯向かうところがあり、公務員などには向いていません。傲慢さと頑固さがあり、何らかの進歩的、天才的才能があったとしても、それを発揮するよりは、むしろ自ら破壊していく感があります。トリッキー。エキセントリック。いたずらに刺激を求めるようになるかもしれません。反発する側のリーダーとしての立場で、存在感を発揮するかもしれません。世の中を覆したいという願望を上手くコントロールする必要があります。突然の運気の悪化、逆転には要注意です。孤立した立場で仕事をする方が良いでしょう。ハイテク分野、IT関係に向いていますと言われています。
この凶角の星並びをもった女性は、独立心が強いため、結婚が難しいでしょう。結婚しても、夫と子供を捨てて別の男性に走るようなことを起しがちで、自分の過失による離婚と家庭崩壊に注意が必要です。好みの男性は、際立つ個性、才能のある人。また、結婚するなら、あらゆる面において、自由行動を許してくれる人。

ダブルチャート(生まれた時の太陽×現行の天王星、生まれた時の天王星×太陽)で吉角ならば、変化と飛躍の時期です。あなた自身も変化を望む気持ちが強くなります。変化の結果は予想どおりではないこともありますが、長い目で見れば、良い方向へ導かれていきます。新しく知り合った人から、変化をもたられるかもしれません。逆転勝ちの運気があり、それまで不利な立場であった場合は、急に良い状況へと変化する可能性があります。
一方、凶角ならば、良い方向への変化の兆しが見えそうになりますが、ぬか喜びになる可能性があります。また不安や頭の混乱からの失敗に注意が必要です。進行中の物事も予測していなかった事態に陥る可能性もあります。この時期は、環境が変化しやすく、オリジナリティは大切にしつつ、危機を予想して慎重に物事を進めていくのが良いでしょう。世の中や組織を覆したいという気持ちが湧くかもしれませんが、慎みましょう。
ただし、生まれた時の太陽(内側)とその位置から時計回りに90度の位置に来た時の天王星(外側)の運気は、良い意味となります。この時期は社会的地位や身分に変化が訪れます。本業が変わったり、副業的にやっていたことが注目され、本業を上回ることもあります。オリジナリティを大いに発揮すべき時です。しかし、自分の才能に自惚れ過ぎないよう注意が必要です。


相性鑑定では、吉角ならば、一緒にいると、棚からぼた餅運があり、サプライズラッキーなことが起こりやすい相手となります。凶角ならば、環境の変化が多く起こりやすい相手となります。



太 陽 × 海王星 (感情)  理想主義者、夢見る夢子
海王星は感情、感覚、ロマンチスト、理想主義、想像力、博愛精神の星です。また無意識や霊界からのメッセージを取り入れる、スピリチュアルの力も意味し、その力を有効に使う人もいれば、翻弄される人もいます。太陽と重なるとその面が強くなるのですが、強くなり過ぎると厄介なのです。

シングルチャートで、太陽と海王星が吉角を形成すると、芸術面などでは才能のある人となります。博愛主義者で、心優しい面もありますが、どちらかと言えば、夢を見て生きる人という印象が強くなるでしょう。理想主義者。直観力が優れ、人が見逃すようなチャンスを見分ける能力があります。そのため、努力しないで大きなメリットを引き寄せられます。一方、現実への対応・事務的な作業が弱い面もあります。しかし、好きな仕事のためなら、一途に一生頑張ります。縛られるのを嫌い、放浪癖もあります。名声を得る一方で、奇妙な醜聞も出てくるでしょう。適職としては、組織よりフリーで、実業界よりは虚構の世界での仕事の方が能力を発揮することでしょう。特にアートや創作活動です。お酒や海運業にも向きます。
海王星が太陽や月とアスペクトを組むと、特に、恋愛面では悩む人が多いようです。
太陽と海王星が吉角の場合、“未婚星”となりがちです。この星並びの女性は、理想が高すぎて、白馬の王子様をいつまでも待ってしまう傾向があるからです。ロマンチストなのです。現実の男性に幻滅してしまい、婚期が遅れる傾向にあるようです。少女マンガを30代になっても読み続けていたり、韓流のおっかけだったり、宝塚の大ファンだったり、・・・永遠の乙女なのです。
この星並びの女性は、依存心が強いので、頼れる、リードしてくれる男性を求めます。かつ理想家肌の精神的に豊かな人。
この星並び女性は、一方で、博愛精神が豊かなので、弱い者に対して助ける気持ちがあります。狙った女性がこの星並びならば、おとぎの世界の心温かい王子さまを演じるか、母性本能をくすぐって“守ってあげたい”と思わせるような男性を演じるのが良いでしょう。この人は、ダメんずウォーカーだったりするのです。
この星並びの女性は、結婚に失敗した後、博愛精神が働くため、社会奉仕のボランティアなどに熱心になる人もいます。

シングルチャートが凶角の人は、現実離れをした人という印象を与えることでしょう。海王星は夢想家でもありますから、夢見る夢子さんになってしまうのです。漠然した曖昧な性格で、手に届きそうにない夢や成功、名声を追い求めます。吉角同様、理想主義者。しかし、夢や理想が人を大きく動かし、成功に導くので侮ることはできません。偽善、虚業を行いがちです。でも、その虚業で成功してしまったりもします。他人への依存心が利用されることもあるでしょう。人から持ち込まれた提案で痛い目に遭っているかも。しかし、執着心がないため、嫌なことはすぐに忘れ、新しい環境にもすぐに順応します。ふらりと一人旅に出るような放浪癖もあるため、勤め人には向かないでしょう。一人の時間を大切にする人とも言えます。無意識の力にもてあそばれやすくなります。芸術、酒造、海運業などが適職です。
太陽と海王星が凶角にある人は“離婚星”となりがちです。離婚をする可能性の高い星並びなのです。
離婚星というと、淋しく、可愛そうな印象を持たれがちですが、実は本人にとっては、苦悩ではありません。ある意味、恋愛に対して、一種の腰の軽さがあるのです。男性に対して、依存心が強く、理想的が高いのは、吉角の女性と同じなのですが、結婚に対して抵抗がなく、その結婚が理想にかなわず、離婚したとしても、何の執着心も無く、また次の恋愛に走ります。恋愛に関しても放浪癖があると言えるでしょう。いくつになっても“自由恋愛”宣言をしていたりします。ですから、鑑定していて、結婚運に関しては吉角の人より、凶角の人の方が、悩みがはるかに少ないと言えます。
凶角の女性は、男を見る目がなく、責任感や道徳的に問題のある人にも惚れてしまうことがあるようです。周囲の意見を参考にすると良いでしょう。何度か結婚、離婚を繰り返し、恋愛に失望した時、慈善事業などのボランティアに向かいそうです。
また自分の不幸話を人にしたがる傾向もあります。薄幸のヒロインでありたいのかも・・・。海王星は博愛精神や依存を示しますが、同情をもらおうという感じになってしまうこともあるかも。

ダブルチャート(生まれた時の太陽×現行の海王星、生まれた時の海王星×太陽)で、吉角ならば、気分が高揚し、楽しい時間を過ごすことができますが、夢を見ているとも言えるでしょう。一方で、海王星の感度の高さと弱々しさが悪く出て、劣等感やコンプレックスを持つかもしれません。でも、多くの場合、ハイテンションになっていることが多いですね。
特に吉角でも0度は、つまり重なった状態は読みにくいです。気分が高揚し、ハイテンションになっていることが多いですが、自分に対するあわれみと劣等感が出てくることがあります。マイナス思考が強く出ると、神経質、ナーバスになり、あきらめムードに陥りやすい傾向があります。世捨て人? 躁鬱状態でしょうか。しかし別の意味では、この劣等感に満ちた人生から脱却する重要な時期でもあります。人生の再構成を試み、強い意志で現実に立ち向かってください。

一方、凶角であれば、感情が混乱した状態となるでしょう。この時期、大切な判断、行動は先に延ばした方が良いでしょう。間違ったビジョンを持ちやすいです。幻想を信じたために失敗を招くかもしれません。安定した堅実な手腕が失われがちです。あなたをだまそうとする人も現れやすい時期もあります。またあなた自身、少しの犠牲で他人から多くの報酬を求めようする傾向があります。楽観ムードを捨て、堅実さを重視していきましょう。自分自身に対しては厳格な態度で臨み、他人に対しては慈悲と善意をもって接することが、この時期のあなたに平穏をもたらします。


相性鑑定では、吉角では、一緒にいると心落ち着く相手となるでしょう。一緒に夢を見ていられるかも。凶角となると、不安になる相手かもしれません。もしくは助けたくなるような同情心を誘う相手かも。



太 陽 × 冥王星 (審判、権力)  権力  破壊的修正
冥王星は権力者、頂点、破壊と再生という意味があり、太陽と絡めば、大きな力を得ることとなるでしょう。一方で、本意でない生き方をしていると、人生をその人の本質により近い方向へ戻そうとする天の意志が働き、時に危機的な状況を生むこともあります。冥王星は審判の星なので、太陽という自分の環境を強引に、あるべき姿に動かしてしまうのです。冥王星とアスペクトが形成されているようなら、天命を受けている、天に見張られていると考えてよいでしょう。不本意なことをすると、不可抗力な天の力を受けることがあります。

シングルチャートで太陽と冥王星が吉角にあれば、頂点に登ろうと意識が高い人となります。また自己中心的なところがあり、野心のために目上の人に近づいていく才能もあります。地位の高い人との交流ができやすいため、有力者から援助を受けたり、本領発揮の舞台を与えられやすいようです。自分自身が地位を高めていく可能性があります。意志は強く、学問においても才能があります。やや自惚れ屋のところもありますが、自分の力量や自負心は十分にあります。性格的には、プライドが高く・・・人に指図されるのを特に嫌う傾向が出てきます。緊急時に強大な底力を発揮します。自分の本当の目的を常に意識していると、大成功できるでしょう。極めて特殊で高度な分野、最先端の分野、権限を伴なう仕事、国家や企業の機密を扱う業務などが向いていると言われますが、実際にはあまりお会いしたことがないので、どうでしょうね。
特に太陽と冥王星が0度の人は、生まれた時と亡くなる時では、良くも悪くも境遇・生活レベルがかなり変わるようです。
この星並びの女性は、人の資質の見抜く能力が備わっています。夫となる男性に大きな期待を寄せるタイプです。結婚により、生活レベルや境遇が向上、もしくは一変して高くなることもありそうです。
夫に忠実な妻となりますが、結婚生活に満足がいかないと、仕事や政治活動にエネルギーのはけ口を求めることになるかもしれません。実務関係の仕事では成功するかも。

シングルチャートで凶角ならば、自己顕示欲が強く、自分の能力を過大評価しがちです。身の丈を越えた野望を持ちやすく、権力や地位を求めます。学問や技能などの習得に優れ、特殊な資格などが必要な分野では真価を発揮するでしょう。しかし、社会的には認められにくく、後ろ盾を失うことも度々ありそうです。人生において、強制的(矯正的?)な障害が起こりやすいです。極端な発想法を断念すれば、事故はある程度回避できます。人生の道のりを天の力に修正されるので、一時的には失望感、挫折感を味わうかもしれませんが、それは天の導きだと長い目で受け止めるようにしてください。天の修正の力が破壊的なまでに強すぎるのです。後になって振り返ると、それはそれで正解だったと思うことがあるでしょう。そこで自分のすべきことを改めて考えてみてください。
組織では埋没してしまう可能性がありますが、適職としては、吉角と同じく、最先端の分野、国家や企業の機密を扱う業務などです。
この星並びの女性は、夫に大きな期待を寄せるのですが、あまりにも権力欲が強く、上昇志向も強いため、愛情生活が失われないよう注意が必要です。夫、結婚生活に満足がいかないと、仕事や政治活動に熱心になるかもしれません。

ダブルチャートで太陽と冥王星が吉角ならば、あなたは心身ともにパワーが湧いてくることを実感することでしょう。権限を握り、行使するのに良い時期です。あなたが主体となった新しい試みには確かな結果が出ます。現状を刷新したり、改革するのにも良い時期です。自分でも意外な力量が発揮されます。また相当な実力者、権威者から援助が期待できるでしょう。またミーハーな話ですが、有名人に会えたりする時期でもあります。特に自分の太陽と、現行の冥王星が吉角の場合は、リーダーとなったり、自分の地位が高くなって出世する時期でもあります。しかし、冥王星は審判の星でもあるので、善からぬ行いには天罰を下すので注意。

一方、凶角180度であれば、野望や権力欲が高まり、自分の力を過信して失敗を招きやすい時です。ショックな出来事が起こりやすい時期です。地位や職権の不正行為、行き過ぎた行為は戒めましょう。冥王星は審判の星でもあるので、テストしているとも考えて下さい。
ただし、生まれた時の太陽(内側)とその位置から時計回りに90度の位置に来た時の冥王星(外側)の運気は、良い意味となります。パワーと集中の時です。職場でビッグプロジェクトを任されるかもしれません。あなたの能力はかなり高いレベルに達しています。偉大な成果を残すことができるでしょう。権限も公共的支持も得られるでしょう。
また、生まれた時の太陽(内側)とその位置から逆時計回りに90度の位置に来た時の冥王星(外側)の運気は特別なものとなります。今まで築いてきたものが破壊される可能性があります。地盤の喪失、家庭の崩壊かもしれません。この時期は保身を大切にして、身を守るよう注意を払うことです。しかし、復興、再生に力を尽くす時期であり、強い意志も湧いてくる時でもあるのです。


相性鑑定では、0度の場合、冥王星を持っている側の人の方が地位が高いことでしょう。


太 陽 × MC  → MC×太陽 を参照
太 陽 × ASC  → ASC×太陽 を参照
太 陽 × IC  → IC×太陽 を参照