水星のアスペクト(知性、情報、人間関係)


水星というのは、知性の星であります。そして太陽系で最も内側を回るため、とても足が速いです。
そこで、イメージとしてもらいたいのが、知性であり、動くものであり、スピードのあるものです。
意味するところは、知性、学問、研究、頭の良さ、交通、通信、おしゃべり、コミュニケーション、表現力、人間関係、電子機器、コンピューター、インターネットなどです。そして仕事運を意味します。
なお、生まれた時のホロスコープを関係なしに、現在のホロスコープだけで、水星が逆行、その他魔のTの字など悪い影響をもたらす形になると、交通、通信のマヒ、電子機器などの故障が起こりやすくなるので注意。東日本大震災の時は、水星が魔のTの字に組み込まれていました。
特に東京は電車が過密なためか、逆行の時期、凶角の時期などはたいてい電車が止まりますね。



水 星 × 太陽 (本人)
 → 太陽×水星を参照
水 星 × (精神、内面)
 → 月×水星を参照



水 星 × 水 星 (知性)
特定の時期の運気の知るためのダブルチャートで、生まれた時の水星と現行の水星が吉角を形成していたら、かなり知性がアップします。過敏なまでに頭脳が高速回転する時期で、またコミュニケーションも活発化します。知性というレベルを越えていて、神経というべきでしょうか。神経過敏になる可能性がありますが、一方で商売などでは活躍できる時期でしょう。この時期、課せられる義務をいかに処理するかによって、あなたの評判が決まります。注意力と粘りを無くさないことです。
ダブルチャートで、凶角を形成していたら、精神的ストレスを感じる時期となります。知的な拘束を受けやすく、圧迫により緊張することなるでしょう。間違った情報も入りやすく、この時期の儲け話には、偽りも含まれていそうです。詐欺にも注意です。報告書や契約書、企画書など、文章の作成にも普段以上に念を入れて確認するようにしましょう。来るべき情報、文書が届かなかったり・・・ということで、そのイメージを膨らましてもらえれば、合格通知が来ない、仕事の依頼が滞ったり、といった具合のことが起こりえます。交通マヒや車の故障なども考えられますので、時間には余裕を持って出かけましょう。パソコンやスマホなど精密機器の故障にも注意して下さい。
吉角にしろ、凶角にしろ、水星は足が速いので、形成される時期は短いです。金銭に関した事柄にもダメージが生じますが、それほど決定的なものではありません。

相性鑑定で、水星と水星が180度位置などの凶角になっていたら、コミュニケーションが上手く取れているか疑わしいですね。話はしていてもくい違っていたり、伝わらなかったり・・・。



水 星 × 金 星 (快楽、愛情)     おしゃべり星
金星は愛の星ヴィーナスであります。愛情、快楽、贅沢、センスの良さなどを意味しており、それが知性の水星とアスペクトを形成すると、人間関係、コミュニケーションに華があるという意味ですね。凶角になると、それが出過ぎてしまって、調子に乗って、墓穴を掘りやすいということであります。どちらもおしゃべりには違いありません。

性格を診るシングルチャートですが、吉角ならば、とってもおしゃべり上手ですね。人を喜ばせる話術を持っているのです。もしくはおしゃれさん。もしくは両方。だからモテる。人気者ですね。この星並びの人に恋をしたら、結構、ハードルが高くなるでしょう。だって、ライバルが多いですから。趣味もアートや音楽など、よく楽しむことを知っている。クラシックより、むしろ若々しいものを好む傾向があります。美しく平和なイメージをかもし出していることでしょう。
営業職が天職です。この星並びと持っていて、営業をされている方なら、成績が良い事でしょう。特にオーブ(誤差、許容範囲)が0度に近ければ近いほど、その才能を発揮します。現代の日本では、営業はあらゆる産業に必要な要素なので、この星並びを持っている人なら、活躍できる場が多いですね。
愛情面は早熟で、豊かで、年下の人とも楽しくやっていけます。
ちなみに明石家さんまさん、志村けんさん、りゅうちぇるさんは、水星と金星が0度の吉角です。マツコ・デラックスさんは60度の吉角です。

生まれた時に凶角の人は・・・、実は、地球より内側に2つの星は回っており、ホロスコープ上では、76度以上離れることがないのです。45度という弱い凶角がありますが、あまり影響が少ないので、・・・敢えて言うなら、遊び好きというところかな。好きなものしか受け付けない傾向が出てくるでしょう。

ダブルチャート(生まれた時の水星×現行の金星、生まれた時の金星×水星)で、水星と金星が吉角になる時、人気運が上昇する時期です。良識的な面も良く出てくるので、人と人との調整役にも活躍できます。人が多く集まる場に積極的に顔を出していきましょう。フェロモンがいつも以上に出ていますから、出会いの確率も高くなっています。おしゃべりが楽しく盛り上がる時期です。
一方、凶角の場合は、快楽とコミュニケーションが悪く出るとイメージしてください。好き嫌いが多くなります。欲を出すと、そこにつけ込むおいしい話を持ってくる輩が寄ってきます。入ってくる情報もよく確認するようにしましょう。全てではありませんが、怪しいものが含まれています。でも、この時期は、楽しみたいという欲が出てくるのです。無駄におしゃべりをすると、かえって損失を招くか、人々の調和を崩す可能性がありますので、控えめに。余計なひと言が墓穴を掘ります。調子に乗り過ぎて失敗するということであります。

相性鑑定で、吉角ならば、男女に関わらず、出会った瞬間に話の盛り上がる相手となるでしょう。すぐに打ち解けられて相手です。特に0度なら、可能性がかなり高くなります。



水 星 × 火 星 (力、勢い) 討論、口げんか星、毒舌
火星は勢い、攻撃を意味します。そこで知性の水星と重なるとどうなるか。そのまま攻撃的知性という意味になりますね。まっすぐ目的に向かうので、技能の習得は早いです。知性が鋭く、はっきりとものを言い過ぎる傾向があります。少年のようなまっすぐな世界観に憧れます。ちなみに北野たけしさん、高田純次さんは、水星と火星と太陽が吉角0度です。横山やすしさんは、水星と火星が凶角90度で、その水星に太陽が重なっています。古館伊知郎さんも水星、火星が凶角90度です。

まずは性格を診るシングルチャートですが、吉角ならば、攻撃的な知性、会話、つまりイケイケどんどんで頭を使うタイプなのです。頭の回転が速く、テンポの早い知性を持ち、どんな分野のことでもすぐに自分のものにできます。初対面の相手でも物おじすることが無いので、営業をする人には天職の星並びとなります。ビジネスでは成功しやすいです。また、世間の悪を暴く、ジャーナリストにも向いている星並びです。理系にも向いています。頭脳プレイは得意。ゲームはもちろん、危機に瀕しても、回転の速い頭脳で乗り切るタイプです。人の弱みを見つけるのも上手いです。敵に回したくない相手ですが、・・・思ったことを率直に口に出し、自己中心的なところもあるので、敵を作りやすい人です。つまり、口が悪い印象を与えるかもしれませんね。相手を畳み込むように話し、理屈っぽい人が多いです。
知りたい相手の星並びがこれでしたら、口ケンカはしない方がいいですね。この人と口ケンカをしても勝てません。討論も勝てません。批判能力も高く、頭の回転も速いので、・・・この人と討論などで立ち向かうことになるなら、正面からぶつらかない手段を考えましょう。弱点はスピードを出し過ぎてしまうことや、10、20代ならば、討論に勝つ自信があるためか、少々鼻を高くしていることですね。そこを狙って、罠にはめることを考えましょう。
早いテンポでちゃきちゃきしているので、チームや集団をまとめるのが上手いです。頭が実力以上に良く見えるので、チームリーダーなどに抜擢されたりしますが、少し付き合ってみると、意外に底が浅いことがばれてしまうことがあります。あくまで“実力以上”なので、元々頭のいい人もそれ以上に見えてしまうという意味です。

シングルチャートで凶角でも、表面上は吉角の人に似ています。鋭い知性の持ち主ですが、神経質で皮肉っぽく・・・、でもずる賢くもあります。吉角と違って、攻撃性、自分勝手なところが強いのですね。だから、人のアイデアを上手に奪うのも得意です。批判精神も旺盛なので、敵を作りやすくなります。早まった行動で失敗を招くこともあります。規律を守らないという点もあります。言い過ぎ、やり過ぎの傾向があります。考えをすぐに口に出す癖をコントロールする必要があります。
敵対する相手がこの星並びならば、どんどん挑発して、興奮させて、自滅させましょう。
自分自身が、この星並びの人は、落ち着きと思いやりを大切にしましょう。

ダブルチャート(生まれた時の水星×現行の火星、生まれた時の火星×水星)で、水星と火星が吉角ならば、おしゃべりの力がアップします。活動的な気分も増します。普段、引っ込み思案な人には、ちょうどいい星回りです。前進に役立つ知識や情報を得られる時でもあり、それがチャンスの獲得につながります。地位を上昇させるチャンスがあったら、見逃さないこと。この時期は命令や指示を与える能力も高まるため、若い人たちの助力に恵まれます。畳み込むように説得する力が付きますので、営業力もアップします。プレゼンなどでも活躍できます。友人の会話も盛り上がるでしょう。ただし、ブラックユーモアや皮肉をネタにすると、行き過ぎて、周りがどん引きしてしまうかもしれないので注意。空気を読みましょう。

一方、ダブルチャートで凶角ならば、精神的な疲労が増し、気分的にも焦りがちとなります。そのためか、皮肉っぽくなります。性格の悪い批評家になってしまうといった感じでしょうか。早とちりしてミスも起しがちになります。この時期は、まずは興奮を抑えること。組織の中で働く人であれば、あなた自身の利己主義のために全体の調和やリズムの流れを乱さないように注意してください。口ケンカには要注意。討論もしない方が良いでしょう。
一歩立ち止まって考える癖を付けるといいのですが、水星、火星とも足の速い方の星なので、吉角や凶角になっても、気づかないのですね。後になって、ホロスコープを見て、“ああ、しまった。火星と水星が凶角だったよ”と後悔するパターンとなってしまいます。


相性鑑定で、吉角ならば、熱い討論やテンポの早い会話をする相手となるでしょう。凶角ならば、口げんかをしやすい相手となるでしょう。もしくは2人揃うと毒舌化してしまうとか。0度でも凶角として働きやすい星並びです。
夫婦の相性鑑定で、凶角ならば、歳を取ってくるとあまり話さないようになる可能性があります。水星側の人の方が特にやられてしまうので、話したがらくなるのです。


水 星 × 木 星 (財運、拡大) もの書き、だまされ星
イメージとしては、コミュニケーションが財運を運んでくる。一般的教養が豊かに発達するが、興味が広がり過ぎる傾向がある。連想を果てしなく広げられる。文章力、ネット、ITなどに絡んでくると考えて下さい。

性格を診るシングルチャートで吉角ならば、健全な良識の持ち主と言えるでしょう。広い知性に恵まれる。学問研究は得意で、特に注目すべき点は、文章を書くのが得意ということです。たいがい、文章を書くのが好きです。しかも上手い。女性ですと、ブログを書いている人が多いですね。メールの文章がついつい長くなるという人が結構います。ビジネスとしては、頭を使ってお金儲けするのが得意です。頭の使ってというのは、事務仕事などの意味もありますが、要領も良く、どうしたら楽に稼げるかをちゃんと心得ているのです。この人は、自分の手を汚さずにお金儲けの方法を思いつける人です。で、それを実行できる人です。文才があるので、小説家など、執筆(&講演)からもお金を得る可能性を持っています。今ですと、IT系も適職ですから、そちらの需要が多い分、IT関係のお仕事をされている方が多いです。交通、通信、コミュニケーションで財が成せると考えてくれれば良いでしょう。その類が天職です。今ですと、IT系も適職ですから、そちらの需要が多い分、経済知識も豊富。だから、株や財産運用などにも才能あります。
ピース又吉さん(1980年6月20日)、北野武(1947年1月18日)は、水星と木星が吉角60度です。ちなみに夏目漱石(1867年2月9日生)は水星と木星、さらに太陽まで0度の吉角で重なっています。さすが文豪ですね。
ただし、この星を持っていても、文章を書くことが得意でない人もいます。水星×金星(おしゃべり星)を持っていたりすると、書くより話す方が楽で早いので、書く方がおろそかになってしまうようです。

凶角であると、出やすいのが、コミュニケーション能力の欠如です。この人と会話する際には通訳が必要になるかもしれません。また、考えが大きくなりがちなのです。ぱっと見は吉角の人に似て、頭の回転も速く、アイデアも豊富。でも、大雑把さがある。大げさになりがちなのです。だから、緻密な知的労働は大の苦手となりやすいでしょう。大雑把で、少々無責任になりがちなので、法的な仕事、金銭の絡む仕事も向かず、トラブルにも巻き込まれがちです。連想力には恵まれるが、行き過ぎて、嘘も増えやすいです。また、古い考えにとらわれがちになります。ですが、文章や口の上手さ、そこからの収入は吉角同様見込めます。ITやネットにも強い人が多いです。ブログなども書いている人が多いですね。中には3つもブログを書いているという人もいました。凶角は強く出過ぎているということですね。うかつに人を信用しやすいため、財産管理を任せた人の裏切りに遭う危険もあります。目下の不正やごまかしにも目を光らせていましょう。銀行や保険関係のトラブルにも注意。だまされやすいという面もあります。メディア(水星)で損をする(木星の凶角)という意味があり、ネットショッピング、テレビショッピングで余計なものを結構買って損をしているかも。

ダブルチャート(生まれた時の水星×現行の木星、生まれた時の木星×水星)で、水星と木星が吉角を形成していたら、財運に恵まれる時です。知性や情報が財運につながる時です。この時期は、学習力もアップします。ビジネスに関しても、知識力がアップ、新しいアイデアなどに恵まれます。この時期は自分のアイデアに自信を持って良く、どんどんと実行に移していきましょう。その力も湧いてくるはずです。また、財運につながるような、美味しい情報、話もありそうですので、聞き逃さないようにしましょう。情報(水星)が利益(木星)をもたらすという具合に考えて下さい。
水星は通信、マスコミなども意味しますが、0度で重なった時、CMに出演したり、新聞、テレビで取り上げれたという人も結構いました。最近は、一般の方もマスコミに出やすい時代になりましたからね。

一方、凶角を形成していたら、自分の判断ミスに注意してください。既成概念にもとらわれがちです。間違った考えに固執する可能性があり、さらにそれを広げようとしてしまいそう。だまされやすい時期です。情報によって、損害が出やすいという意味です。交通面でのマヒにも気を付けましょう。また情報で損をしやすいという意味があり、大切な知らせが届かないという意味もあります。水星と木星の凶角の時期は、自信過剰になっている可能性があります。あまり積極的に自分の考えを押し通さない方が良いでしょう。

相性鑑定で、吉角ならば、コミュニケーションがよく取れる相手です。意思疎通しやすい相手ということです。凶角ならば、互いの話がちぐはぐになりやすい相手ですね。そのほか、大事な情報に限って、情報が欠落しやすい。意図していなくても、一方を騙している可能性があります。



水 星 × 土 星 (ブレーキ、地道、辛抱)知性に粘り 頑固 
知性の水星が、土星によりゆっくりとなるとイメージしていきましょう。情報に対する正確さを求めて、ひとつのことをコツコツと長く研究することができる。知性に粘りがあるという意味ですね。狭量な面も。知性の発達が遅くなることがあるが、それでも専門家として大成する可能性があります。凶角ならば、世の規則から外れた考えを実行しやすくなります。知性(水星)がルール、規則を破る(土星 凶角)と覚えるとよいでしょう。

シングルチャートで、水星と土星が吉角ならば、スローペース、マイペースな考えの持ち主となります。見方を変えれば、集中力とコツコツさは抜群で、論理思考・数字・経理の処理などに強い人が多いです。私が個人鑑定しても、この星並びの人は、実際、経理の仕事をしている人が多いです。スローペース・マイペースなので、独りでコツコツ考えられる環境が向いています。真面目な勉学家と言えます。集中力が半端でないのです。困難な試験も、勉学に対して努力を惜しまないので、クリアしていくことでしょう。結構、勉学に対して粘りがあることを自覚していることも多く、資格試験には負けない自信を持っている人もいます。
この星並びで有名人は、かのアインシュタインです。彼は5歳まで、話をすることができなかったそうですが、天才的な物理研究の能力を後に発揮します。まさに発達が遅く、スローペースだが、集中力を発揮して大成する典型的な例と言えるでしょう。知の面で大器晩成だと考えてください。
ただし、吉角であっても、考えが狭くなりがちで、悲観的、意気消沈してしまうところがあるので、そこは直していきましょう。

シングルチャートで凶角ならば、頑固な考えに固執してしまうタイプと言えます。先見性には欠けますが、ずる賢さを持っており、身を守る術はちゃんと持っています。論理的な思考には強い面は吉角と同じです。悲観的になりやすく、また恐怖心を持ちやすく、頑固になりやすいのが欠点です。疑惑や否定的な見解に染まりやすいが、それを逆用すれば、科学的なセンスや資料の処理に高い能力を発揮できます。ただし、吉角と違うのは、文書処理をあまり長時間こなすことは苦手ということです。途中で投げ出してしまいます。一見、知性に粘りがありそうで、実は無いのです。また土星にはルール、規則、法律という意味があります。知性、考え方がそれらを破るという意味があります。つまり決め事や常識のようなものを大切にしない考え方を持っています。常識破りと言えるでしょう。

ダブルチャート(生まれた時の水星×現行の土星、生まれた時の土星×水星)で、水星と土星が吉角を形成しているならば、精神活動は深みを増し、研究活動や短期集中・徹底しての勉強には向いています。またその努力が報われる時期でもあります。
凶角を形成すると、これもパッと見は吉角を形成している時に似てきます。集中力が出てきます。しかし、度が過ぎて、やや精神的に滅入ってしまうかもしれません。またこだわり、固執し過ぎるという面も出てきます。この時期は、ややドライにものごとを考えるようにしましょう。仕事や勉強で滅入るようでしたら、なるべく気分転換をしましょう。


相性鑑定で、吉角ならば、一緒にいると集中力が湧く相手です。凶角ならば、頑固になる相手です。一緒にいると規則やルール、法律を破れる相手となります。つまり浮気をしやすい相手ともなりやすいですね。


水 星 × 天王星 (変化、チャンス)  ひらめき、記憶力
天王星は変化、突然のチャンス、独立などの意味があります。それが知性と結び付くとどういうものになるかイメージしてみてください。新理論を発明することや、人の気づかない分野で知性の冴えを発揮しそうです。文才を発揮する人も多いです。吉角でも凶角でも、ひらめきという点では、同じですが、問題は周囲に受け入れられるアイデアかどうかという違いです。吉角ならば、良いアイデア。凶角ならば、周囲の人には受け入れられない、突飛な、悪いアイデアということです。

性格を表すシングルチャートで見て吉角ならば、とてもアイデアマンですね。ひらめきが素晴らしく、発明の才能もあります。勘が良く、新しいものに対してはとても強い。革新的な部分がそうとうあります。それ故、周囲からは、突飛な言動が多い人にも写ります。推理力もある。そして、この水星と天王星の吉角の人は、私が鑑定していて、不思議とかなり“特殊な部分で”記憶力があったりします。それだけは結構よく自覚していて、円周率とか歴史の年号の暗記とか、電話番号、人の顔を一回見たら、たとえ通りすがりの人でも忘れないとか。役に立つものとは限りませんが・・・。
特殊な分野の研究、専門知識が必要な分野、かつ独立的、オリジナリティが豊富なので、拘束、制約のない自由な発想や発明が活かせる分野が仕事が向いています。バランスよく組織的に考えることができる安定した知性も持っており、専門分野を持つと、能力が活かされます。

シングルチャートで凶角ならば、独立心が強く出過ぎて、とても凝り性になってしまいます。頭はいいのですが、一般的に“奇妙”と言われることに興味をもってしまいます。人が興味を持たないような分野に執着しそうです。皮肉屋で無愛想な面もあるので、人が離れていってしまうこともあるようです。周囲の人から見ると、突飛な考えを持ってしまうこともあります。鑑定してきた人の中には、LBGTの方もいらっしゃいました。
適職は吉角と同じく、科学・技術関係ですが、長時間の精神的緊張は耐えられないので、束縛の少ない職場がいいでしょう。興奮しやすい傾向を改善する訓練をしましょう。

ダブルチャート(生まれた時の水星×現行の天王星、生まれた時の天王星×水星)で、水星と天王星が吉角を形成する時は、アイデアがひらめく時です。企画力も増すので、仕事で革新的なことが求められている場合には存在感を出せるでしょう。新しい考えが湧き、オリジナリティを発揮しやすい時なのです。
一方、凶角を形成する時は、自分のあまりに独創的な考えに固執してしまう可能性があります。この時期はその独創的な考えも必ずしも的を獲ているとは限りません。企画も突飛過ぎて、現実離れしてしまいます。間違った直観にのめりやすくなるので、ギャンブルなどは失敗することでしょう。


相性鑑定で、吉角ならば、一緒にいるアイデアが湧きやすい相手であります。凶角ならば、常識外れ、突飛な考えを起こしやすくなる相手であります。


水 星 × 海王星 (感情)  要領が良い 混乱
イメージとして思い浮かべてもらいたいのは、知性と感情・直観が絡んでいること。左脳と右脳がバランス良く働いている状態という感じでしょうか。敏感な知性が働き、人の気持ちを読み取るのが得意。敏感すぎることが災いし、臆病になり、被害妄想に苦しむこともあります。
性格を表すシングルチャートで、水星と海王星が吉角を形成しているならば、要領の良い人です。逃げ足が速いです。知性と感情のバランスが良いという意味でもあるのですが、現実には、感情を殺せる人と考えた方が良いでしょう。ですから、損得勘定や自分の都合、将来性などから、すぐに逃げ道を作り、自分の感情・同情を押し殺して、メリットのある方へ行ける人間です。ですが、時に後になって、感情を押し殺した分、その判断を公開することもよくあるようです。
直観力・ひらめきがあり、美に近い想像力があります。イマジネーション豊かで文学的才能があります。一方で、他人に対する同情心や理解力もあります。心配性のところもあります。豊かなイマジネーションをいかして、コミュニケーションを必要とする仕事をすると良い。相場を先読みするセンスもある。

シングルチャートで凶角ならば、イマジネーションが豊か過ぎて、思考がまとまりにくい人、混乱状態に陥りやすい人となります。吉角と同じで、想像力は豊かで文才や話術はありますが、嘘をつくところもあります。この相手の言うことには、・・・特に調子のいい言葉には気を付けましょう。想像力が豊かですから、将来的な話で、悪気はなくても偽りを言う面があります。漠然とした計画などは失敗しやすいでしょう。考え過ぎの傾向や妄想癖に悩まされるかも。これが続くと神経に悪いので、シンプルな考え方を心がけましょう。
一方で、だまされやすい面もありますので、この星並びの人は、他人からの(想像力豊かな)儲け話には引っ掛からないように注意しましょう。
逆に言えば、この星並びの人は、イマジネーション豊かな話でだましやすいということですね。

時期的な運気を診るダブルチャート(生まれた時の水星×現行の海王星、生まれた時の海王星×水星)で吉角ならば、勘が良く働き、直観力が高まる時期です。芸術的感性も高まり、創作活動にも力を発揮する時期です。この時期は大いに頭脳を働かせて活躍しましょう。
一方、凶角の時期は、考えが惑いやすくなります。非現実的な考えに頭の中が支配され、判断力が鈍ります。イマジネーションは豊かですので、上手くコントロールできれば、創作活動などには力が発揮できるのですが、どちらかと言えば、自分の考えに疑いを持った方が良い時期です。


相性鑑定で、吉角ならば、一緒にいると感じたことを表現できる感性が高くなる相手です。凶角ならば、情報などの混乱を招く相手であります。


水 星 × 冥王星 (審判、権力)  研究者 オタク 
イメージとしては、高い地位、特殊、スペシャルにある頭脳といった感じでしょうか。一度こだわると、徹底して解明するまでおさまらない。凶角ならば、破壊的な考え方を抱くことがあります。知性(水星)が倫理、道徳を破る(冥王星 凶角)と覚えましょう。

性格を表すシングルチャートで水星と冥王星が吉角にあれば、かなり頭脳レベルが高く、緻密さとタフさを備えています。知性(水星)の面で、スペシャル、頂点(冥王星)という意味です。集中力、知識の吸収力、習得力も抜群です。高度な技術にも対応できる能力があります。調査、研究、分析、探求などの面では冴えた頭脳を発揮するでしょう。学者星ですね。実際に研究職に就くこともあります。しかし、現実には研究職の需要が少ないため、専門知識の深い“オタク”となることが多いです。権力とも結びつく、機密や特殊情報を扱う仕事にも向いています。他人の観察力、洞察力も優れています。他の一面では、知的な優越感を持っているので、少々嫌味なところがあるかもしれません。

シングルチャートで凶角になっていると、緻密さは持っているのですが、劣等感を持ちやすく、洞察力が悪く出て、疑い深くなります。嫉妬深くもなります。頑固者ですね。周囲の人には、迷いやすく、気が小さく見えることでしょう。自分の好みで、物事の評価を白黒はっきりつけすぎる傾向があります。また、頭を使い過ぎて疲れると、爆発するタイプです。破壊的になるのです。この星並びの人は、そんな経験を結構持っているのはないでしょうか。仕事で頭が疲れたと感じたら、なるべく多めに休憩するようにしましょう。でも、吉角同様、探究心が強く、学者的です。オタクとしても、かなりの力を付けることでしょう。そのため、分野によっては、○○研究家などとして、その道で食べていけるほどになったりもします。ただ倫理を無視できるところがありますので、イメージとしては、アニメや漫画に出てくる悪役の方の博士になってしまうかも。冥王星は、倫理、道徳という意味もあり、それらを破る知性となる。ですから、倫理破り、常識破りとも言えるのですが、それほど悪いことができるとも平気でできる人ばかりではなく、むしろ一般的な倫理観に捉われないというぐらいの言葉がぴったり当てはまることでしょう。これまで鑑定した女性の中には、SMクラブや愛人を生業としている方もいらっしゃいました。

ダブルチャート(生まれた時の水星×現行の冥王星、生まれた時の冥王星×水星)で、吉角を形成していたら、頭脳の能力が高度に高まります。観察力、洞察力も強まり、ものごとの流れなどへの推測力が発揮されます。これまでの自分の考えを見直し、整理するのにも適しています。この時期の考えは正しい方向のことが多いのですが、権威的、排他的になりがちなので、少々控えるようにしましょう。

凶角の時は、自分の考えに対して、狂信的な熱をもって固執する可能性があります。そのため、排他的な面が強くなり、人が離れていくかもしれません。早い話、頑固になります。凶角の時期こそ、空気を読み、自分の考えを押し通すべきかどうか、良く考えるようにしましょう。


相性鑑定で、吉角ならば、研究者性、オタク性の高くなる相手です。そういった専門的な知識を話題とした会話が盛り上がるでしょう。凶角ならば、頑固になる相手、もしくは倫理に背くような考えが湧きやすい仲間となります。倫理を背きやすい、つまり浮気などもしやすい関係と言えるでしょう。


水 星 × MC  → MC×水星 を参照
水 星 × ASC  → ASC×水星 を参照
水 星 × IC  → IC×水星 を参照