ASC(上昇宮)と各星との合 (0度で重なっている)


ASC(アセンダント)とは生まれた時の東の地平線(日の出の方)を示します。陽が上るところであるので「上昇宮」とも呼ばれます。ここに星がある場合は、その星がその人の印象や、人生のスタートなどとして出てきます。生き様としても現れてくることでしょう。1ハウスの最も強く出るところから、その人自身の性質と見ることもできます。



ASC アセンダント × 太 陽
簡単に言えば、日の出とともに生まれた人ですね。
明るい性格。熱心。声も多きことでしょう。人々の目を覚まさせる存在。寛大さもあって、一緒に居て楽しいです。カリスマ性や目立つ存在になっているかもしれません。夜明け。新しい日の始まり。道を開いていく人。実行者。自分の属す環境で、主役になろうとします。称賛を浴びたがる。一方、人々を惹きつける力があります。自分を少々過大評価するところがあり、自分に酔っているところもあるでしょう。権威を持っているような振る舞い。目標に向かう粘り強さもあります。周囲の者を鼓舞する力も持っています。エネルギーと熱意に満ちています。しかし、自己中心的なところがあり、人にアドバイスされたり、助けられることを好みません。エネルギーの消費が大きいので、肉体的にも疲れやすいところがあるかもしれません。父親の影響を大きく受けている。父親にそっくり。人生を父親にリードされているかもしれません。




ASC アセンダント ×
月はかに座の守護星で、“家庭的”という意味があります。気質や見かけが家庭的。男性でASCに月があると家事をよくする人で、いわゆるイクメンであることが多いです。感度が高く、敏感な人。心の動きが繊細な人。内気。静かで、周囲の人に落ち着きを与える存在でもある。この人は、感情を込めて表現をしようとします。一方、劣等感を持ち、被害妄想を感じることもある。感情が変わりやすく、その変わりようは周囲の人には隠さず表してしまいます。決定事項は頭ではなく、心で判断しています。感じるままに生きている。そういう意味では本能的な人です。無難に静かに生きようとするので、日々の生活には順応していきます。興奮するような刺激はそれほど求めていません。クールに心の動くままに行動していきます。心の声にいつも耳を傾けています。母親の影響を強く受けているためか、女性的なものの見方、捉え方をします。





ASC アセンダント × 水 星
おしゃべり。聡明な頭脳。狡猾さもあります。洞察力が鋭いです。自分の利益のためにはその巧みな話術も利用します。セールス、営業には向いていると言えるでしょう。幅広く知識、情報を持っており、周囲の人の話にはついていくことができます。また人の好奇心を刺激する話題もちゃんと持っています。他人と親しい関係を構築する能力にはたけています。この人の頭の中では、常に早いテンポでおしゃべりが行われています。溢れる言葉。常に発言したいという欲求を持ちます。じっとしていられません。落ち着き、リラックスする方法を知りません。神経質な面もあります。気配りをします。自由に移動できる環境が必要です。そんな自由に移動する仕事が好きです。





ASC アセンダント × 金 星
人を惹きつける魅力を持つ人。それは美貌かもしれません。外見には注意をしており、流行のファッションにも詳しいことでしょう。しかし、この人の魅力は外見だけではありません。快楽主義的な軽さも人を惹きつけているのです。その人気のため、嫉妬も受けているかもしれません。この人はファッションを意識し過ぎて、捉われ過ぎているかもしれません。富、裕福に対する欲望も強いです。セレブや贅沢といったものに憧れていることでしょう。快適さを強く求め、手に入れることでしょう。恥や悲しみといったマイナスの表情をこの人は隠しています。この人は甘やかされることを望みます。愛されることを望みます。褒められることを望むと同時に、誠実な賛美を表現する方法も身に付けます。芸術的センスも持ち合わせています。





ASC アセンダント × 火 星
戦い。争い。男性的。友人よりも敵、競争相手を多く作るかもしれません。常に競争や戦うことを探していることでしょう。マッチョさ、セクシーさ、大胆さという野性的な魅力を持っていることでしょう。締まった頑丈な肉体。勇敢で、開拓精神があります。絶えず前進することを望んでいます。そのために多くエネルギーを使っています。一人でいることを怖れません。そのため独身でいる時間が長いことでしょう。一人で出歩くこともまったく厭いません。独立して行動します。親の許可など求めません。既成概念を打破する強い意志。人まねを嫌います。ぶっきらぼう。従順さがあまりありません。パートナーを必要と考えず、理解しようとしないかもしれません。そのため、結婚生活が落ち着くのに時間がかかるかもしれません。他人にダメージを与えられる人。不満はすぐに不機嫌な顔として出てしまいます。





ASC アセンダント × 木 星
リラックスして、大らかな態度。楽観的。存在感と周囲への影響力があります。世界へ目を見開いていきます。海外の文化や習慣、食事を好みます。将来へのビジョンを広げていきます。広範囲、別の視点でものを見る能力。可能性を信じます。人生は冒険であり、旅であると考えています。いきなり人生を変えるような行動を始めるところがあります。成長の機会を見つけるのが上手です。そんな場面では熱意と大胆さを持っています。運の風向きを読むのも得意です。そのため、上手く展開しやすい幸運さがあります。自ら幸運を作る人です。インスピレーションを得るために海外に行きたがります。自らの独自の意見を持っていて、それに夢中になっています。深い思考を持っていますが、自分が優れていると思っています。自分を尊大に思っているかも。その自己過大評価と楽観さが失敗を招いていくでしょうが、年を重ねるとともに、ストイックさ、這い上がる術も学んでいきます。政治や哲学への関心、信仰心、良心、道徳心も持っています。ユーモアのセンスも持ち合わせています。学問好きで、探究心もあります。外国に関わるきっかけを与えてくれるような家庭に育っているかもしれません。
常に、“もっと遠くへ”とか、山の向こうにある風景を見たがったりします。そのため、毎日同じ場所に通って、同じ人としか顔を合わさないような仕事にはひどくストレスを感じます。苦痛でさえあります。この点は、周囲の人に相談しても理解されないことでしょう。ですが、アセンダントに木星が掛っている人は、私が鑑定していても、最初から毎日現場が変わるような仕事をしている場合が多いです。編集者とか、マスコミ関係とか、トラックの運転手とか、保険の営業など。毎日同じ場所に通って、同じ人としか合わない仕事は避けた方がいいかもしれません。環境に対して、飽き性とも言えるでしょう。





ASC アセンダント × 土 星
堅実な性格。地道。内気。粘り強さ。勤勉。計画性。禁欲主義者。無駄を嫌う。実用主義。質素。保守的。長時間待つ能力。学級委員。生徒会長。風紀委員。規約、ルールにこだわる。これらの性格を持つため、華やかさは無いですが、社会的信用を得やすいという面もあります。困難さがあっても、目的のためになら、辛抱しようという強さ。用心深く、失敗、トラブルへの怖れもいつも持っています。大人としての意識が高く、子供のように扱われることを望みません。そのため、可愛げがないかもしれませんね。信用を重んじ、責任感の強い姿勢は、この人の人生を窮屈にさせている面もあるでしょう。歳を重ねるに従い、軽さと深刻さのバランスを上手に取るようになっていきます。大器晩成型です。何度か、教師をされている方を診たのは偶然ではないでしょうね。
私が鑑定していると、このASC土星の人は、先生や学校職員であることが結構多いです。堅物という意味では、学校関係の仕事が向いているのかもしれませんね。





ASC アセンダント × 天王星
変わり者。個性派。既成概念から解放者。自由人。マイペース。アンチ。反抗。離脱、独立。前衛的。急進的。ユニークな外観。ヒッピー。カウンターカルチャー。衝撃的なライフスタイル。親とはまったく別の道を歩むでしょう。むしろ反対側の道であるでしょう。変更が多い生活。一貫性というものが無いように思えるかもしれません。個性派のため、人が選ぶものを選びたがりません。場違いなものも平気で持ち込みます。周囲の人からは、この人の行動は破壊的なものに見えていることでしょう。個人主義者なため、友人や知人とも長い関係を作るのは難しい面もあるでしょう。従来の概念への嫌悪感と挑戦。解放者でもあるため、目上の人、組織に対し、率先してアンチな態度を取るリーダーになるかもしれません。人々を興奮、熱狂させる能力も持っています。煽る能力。未来志向のリーダー。しかしすべてが上手くいくとは限りません。エネルギッシュ。じっと座っていられない性格。新しいライフスタイルを提示していくことでしょう。






ASC アセンダント × 海王星   
夢想家。虚飾。空想。精神世界を重んじる人。詩情に溢れた感覚。直観的。ファンタジーな世界の住人。アーティスト。カウンセラー。放浪者。脱力感。精神の漂流。この人に実用的なことをさせるためには、感情に訴える必要があります。物質世界への関心がかなり低めです。野心がありません。周囲の人からは、ずぼらな人に見えていることでしょう。この人は、自身の哀れさを他人に訴えて、同情を乞う面もあるでしょう。実生活をしていくのに、非現実的な発想を持ち込もうとしています。何の目標を持たないので、月日、時間を無駄に過ごしてしまう。そんな自分が周囲にどんな影響を与えるかということには関心がありません。ただ、この人はパートナーや友人、周囲の人のおかげで現実と夢想のバランスを取ることができることでしょう。周囲の人たちが現実生活の方法を与えてくれます。しかし、この人は悲しみや世間の動きに対してあきらめを持ち、諦観することでしょう。敗北感。そのため、精神世界や、芸術の世界にのめり込んでいくかもしれません。






ASC アセンダント × 冥王星   
冥王星は“権力者”“カリスマ性”と意味しますので、平たく簡単に言ってしまえば、この人の他人に与える印象は、“偉そう”。強く出過ぎると、威圧感を与えているかもしれません。“偉そう”でも、カリスマ的な“偉そう”ならば、魅力的であることには違いがありません。オフィスで働く女性ならば、若い時から、“お局さん”的なイメージになっていることもあるでしょう。
いい意味でも悪い意味でも世間離れした魅力を持っています。謎めいたもの。神秘性。魅惑のしぐさ。秘密。威嚇。存在感があって、人を説得するパワーを持っています。しかし、この人が公に注目されることは少ないでしょう。社交的ではありません。陰に生きる人のようです。他人の秘密を掘り起こします。顔には人生の苦労が滲んでいるかもしれません。生活はこの人にとって、闘争なのでしょう。強迫観念。自分と他人をコントロールし、気まま自由に飛び回ることはしません。制限、恐怖、圧力は、この人をやがて磨き上げ、宝石のように輝かせることになるでしょう。他人を強い圧力でコントロールしようとするでしょう。スパイや研究者であることも。
子供時代は、ずっと年上の祖父母や年配の方と長い時間を過ごしたかも。家族がこの人に課した制限の影響は人生に残っていきます。家族間に権力闘争があったかもしれません。幼い頃から死を意識する環境にあったかも。この人は本当の自分の姿、高い能力を隠蔽します。周囲の人には見えない部分が多いでしょう。