2ハウス(2室)
生きるための糧を得ること。現代の社会では、所得や財産、稼ぐことを主に意味する。






2ハウス × 太 陽
太陽があるハウスはその人が人生、生活の軸足を置くところ、ライフワークを意味します。太陽が財や所得に、自分の軸足を置いているという意味。生活の重きを金銭や財産、所得、持つモノに置いている。資産運用に関心が高い。所有欲が強い。その分、財運は良いことでしょう。収入を自分に頼る、つまり自分で稼ぐということを意味する。一方で所得や持つモノに意識が行き過ぎるところもある。また太陽のあるところは、その人が自分自身の価値を測る基準でもある。所有する量、財産の多さが人間の価値と見なすところが強い。だから自分の所有が少なくなると、自信喪失に直結する。




2ハウス ×
月は心を意味する。月があるハウスは、心配するか、癒されるものを意味する。お金に癒されるか、心配するかといった、金銭に常に気が向いていることでしょう。誰でも、お金を見れば癒されるし、お金に対して心配もするが、この人は特にその傾向が強いということ。感情が財、所持金で大きく左右される。つまり稼ぐのも、使うのも、感情面が大きく影響する。お金を使うことで満足感を得やすいし、ストレス解消にショッピングをしているかも。美食家、浪費癖の傾向。月は女性星でもあるので、女性を対象とした商売も上手。人の心をつかんで、収入につなげるという意味もある。人気商売も強い。贈り物に弱い。




2ハウス × 水 星
水星のあるハウスは、その人が情報を集めるところ、知性を求めるところ。金銭、財の2ハウスに水星があるということは、財やお金に関する情報、知識を求めたがることを意味する。財テクや経済、物流、商売、ビジネスに関することに興味、関心を持つことでしょう。株、為替など、価値が刻々と変化するものに対応する能力を持つ。経理、会計などの仕事にも適性があると言える。もしくは、知性や情報、コミュニケーションが収入につながることを示し、ITや情報系、書くこと、人に教えることなどが適職だったりする。ビジネスに関しては合理性とスピードを重んじる。




2ハウス × 金 星
金星があるハウスは、その人が好きな場所を表しています。お金の2ハウスに金星があるということは、お金が好きということを意味していますが、誰でもお金は好きですので、普通の人よりお金に対して好意を持つというように考えて下さい。誰でもお金は好きで、お金が貯まっていく貯金通帳を見るのが好きなのはある程度普通のことですが、私が鑑定した人の中には、自分の通帳でなくても、他人や会社の通帳のお金の数字を見るだけでも嬉しくなってくるという人が何人もいました。金融機関に勤めるのは適職かもしれません。また贅沢、華麗さ、快楽を欲し、お金を使う喜びをよく感じ取っている。気に入ったモノを所持していたいという気持が強く、そのため、所有するモノへのこだわりは強い。愛想がよく、趣味や交遊関係が財運につながっていく。贅沢品、装飾品、ファッションなどのビジネスにも適性が高い。




2ハウス × 火 星
火星があるハウスは、その人の戦場(いくさば)を意味しています。戦場ということは奮闘するか、ケガをするということです。火星が2ハウスにあるということは、お金、所得、稼ぐことに対して奮闘する、頑張る、熱心になることを表しています。男性的ビジネス、新分野の開拓に強い。活動的。押しの強いビジネス手法。自己投資を惜しまない。濡れ手に粟のような大きく稼げる仕事を求める。高収入志向。




2ハウス × 木 星
木星があるハウスは、その人の財運のある場所を意味する。財運の木星が、財を表す2ハウスにあるのですから、財運は良いです。と伝えると、“宝くじを買いにいきます!”と答える人がいますが、財運がいいと言っても、おおよそ12人に1人は木星が2ハウスにあるので、12人に1人くらいの財運の良さでしょう。大金持ちになるようなことを妄想する人もいますが、実際には食べるのには困らない程度だったりします。健全な財政手腕。独立思考もある。自分で稼ぐことを喜びをよく知っている。気前がよく、所有するモノに対して、寛容。つまりあまりこだわりが少なく、人に与えることも気にならない。
悪く出ると、どんぶり勘定になりやすく、金銭に対して油断ができやすいので注意。



2ハウス × 土 星
土星というと、困難、問題というイメージしか持たない人がいますが、そうではありません。堅実、地道、長期戦、地味、質素、執着、完璧主義、責任、役割、肩書きという意味があります。土星があるハウスはそういったものがある場所を示しています。お金に対して、忍耐、堅実、地道、慎重という姿勢で取り組むことになるでしょう。倹約家。節約家。それはある意味、お金、所得に対して困難や問題がある、あったからということの裏返しでもあったりしますが。お金、財産に関しては苦悩を持ちやすいとも言える。所得、仕事のレベルを上げようという努力家でもある。




2ハウス × 天王星
天王星のハウスは、その人の個性や変化、わがままがある場所を表しています。ただし、変化といっても悪い変化ばかりではない。サプライズラッキー的なものも含まれる。この人の個性は、財運、財テク、所得の分野で発揮されることを意味する。独創性、ひらめきや才能、特殊な研究が財運を呼んでくるという意味もある。個性的な職業。個性的なお金の稼ぎ方。発明品が仕事になる。一方、既成のビジネススタイルを壊したがる。固定観念にとらわれない経済感覚。ただし、天王星に凶角アスペクトがあると、悪い意味で財運に変化が起こりやすいということも示しているようです。あまり個性やわがままを出さない方がよいでしょう。



2ハウス × 海王星   
海王星があるハウスは、その人が感性的になるか、ナーバスになることを意味しています。財やお金に対してナーバス、コンプレックス、苦手意識を持ってしまうということ。もしくはお金を稼ぐこと、貯めることに無関心。一方、アート、ファッション、グルメ、癒し、想像力など感性のことでお金を稼ぐことを意味します。お金や財に関しては、人と比べて、ぼんやりとふわふわした感覚を持っているかもしれません。一攫千金を狙い、楽をしてお金を得るチャンスも得るが、一方でお金が出て行く時は、使ってしまって、ふわっと消えているかも。経済に関して、現実感がなく、夢見る夢子でいる。



2ハウス × 冥王星   
冥王星は、権力、破壊と再生を意味します。財を熱望し、財運に関して頂点を極めるか・・・、でも鑑定して多いのは、破壊と再生の意味の方ですね。ばたばたと大きな変化が起こりやすいということ。仕事や職業に対しての挫折感を味わうような断絶、変化があるかもしれない。
逆に、稼ごうと決めた後のエネルギーの使い方は半端ではありません。爆発的な集中力とパワフルさがあります。