10ハウス(10室)
社会、社会的キャリア、肩書き、職業、業種のハウス。







10ハウス × 太 陽
太陽のあるハウスはその人が生活、人生の軸足を置くところ。ライフワークのあるところ。社会に認められることに自分の存在価値を見出します。社会的に評価されない、認めれないことはこの人にとって苦痛です。社会の一部として活躍していないと虚しさを感じます。家に閉じ困らず、外へ出ようとします。社会へ発信しようとします。社会とのつながりを大切にします。社会においては、自分の進む道は、自分で決める。人生をコントロールしたい。自分のキャリアにチャレンジしたがる。バイタリティが強い。仕事に対する情熱。自営業者。経営者。指導力、影響力がある。職業的名誉、社会的地位を得やすい。地道なところもあり、中年以降に社会的成功を得やすい。悪く出ると、横柄な態度を取ったりする。




10ハウス ×
月は心を意味する。月があるハウスは、心配するか、癒されるところ。月はかに座の守護星でもあるので、家庭的とか母性を表します。主婦にも向いています。またインテリアデザイナーや雑貨屋、家庭用品のお店、家庭雑誌の編集者など家、家庭に関わるような仕事も適職です。満月をイメージすると分かりますが、月は夜道を照らすという意味もあります。この人は他人によく相談されやすいでしょう。カウンセラーをされている方もよくいらっしゃいます。江戸時代だったら、尼さんでしょうか。心理学に関わる職業も適職でしょう。家庭や私生活を重視するが、社会的に人気を博すところもある。女性との共同作業が良く、女性から支援されやすい。
また心(月)がいつも行っているところが、社会や地位という意味があり、いつも社会に触れていたいと考える傾向がある




10ハウス × 水 星
水星は知性、情報の星。水星があるハウスは、知識や情報を得たり、人間関係を構築するところ。マスコミ、講師、司会業、IT、ネットなど情報やコミュニケーション、流通に関わる仕事が適職。知識を活用する能力。組織をまとめ上げる実用的能力。効率的、合理的な考えで成果を上げていく。知性で、人生の不運な時期も乗り越えて行く力。フットワーク軽く、人脈を行き来する。




10ハウス × 金 星
金星は快楽、趣味、レジャーなどを表しています。この人は他人から見て趣味のような仕事をしている可能性が高いです。趣味の延長線上にあるような仕事。アクセサリー作家、花屋、パン屋、獣医、消防士、カメラマン、ピアノ調律師など。本人も仕事をしているという感覚があまり出てきません。むしろ“仕事をする”という言葉に抵抗を感じているかもしれません。実際、私がお会いした消防士さんは、自分のことを税金泥棒と言っていました。ただし、ハウスはどの年齢で出てくるか分かりません。女性の場合、学校を出て、最初は普通にOLをやっている場合がほとんどです。早ければ20代、おそくとも40代には、仕事を好きなことに変えている場合が多いです。誰もが好きなことを仕事にしたいと思うのは当たり前ですが、この人の場合、しんどくても、収入が落ちてもその世界へ行ってしまうようです。花屋さんなんか、結構しんどいですものね。収入も多くないですし。それでもOLを辞めて行ってしまうみたいな。
社会生活に幸せを感じる。自分の魅力を最大限活かして、社会の評価を得ようとする。美容、装飾、グルメ、ファッションなどの仕事も向く。争うこと無く、地位を上げていきたい。異性からの人気があったり、地位の高い人から支援されたり、教養のある人からビジネス上の指導を受ける。玉の輿に乗るかも。




10ハウス × 火 星
火星のあるハウスはこの人にとって、戦場(いくさば)を意味します。戦場ということは、奮闘するか、トラブルを起こすかということ。肩書き、ポスト争いを熱心に行っていることでしょう。奮闘しなければならないでしょう。男性的、開拓、パイオニア、チャレンジ、肉体的な仕事。不屈の精神。独立心も強い。企業を望む。目的達成のために、手段を選ばない強引さがある。野心家。ライバルがいた方が活き活きする。競争が激しいほど、燃える。スポーツ、武道、格闘技なども向いている。好戦的態度、勢いが有り過ぎて、上位者との争いには注意が必要。



10ハウス × 木 星
木星のあるハウスはこの人の財運のある場所、拡大していく場所を意味します。社会的に大いに評価され、立身出世していく。気負い無く、成功していく。成功を周囲の人たちに分け与えて行く。寛容さがよりこの人の社会的評価を上げていく。社会的名声を得る。どんな職業でも上手く順応し、活躍していく。海外、宗教に関わるような職種に就くのが適職かもしれません。




10ハウス × 土 星
土星があるハウスは困難、忍耐、責任、役割などのあるところを意味していますが、10ハウスは土星の部屋なので、困難や問題など悪い意味にはなりません。肩書きは付くが、その分、責任も与えられる。本人は窮屈になっているかもしれない。くそ真面目。責任者になりやすい。尊敬されやすい。達成に時間をかける。謙虚で慎み深く、実際の社会的評価より、自分を下に評価してしまう。そのため、評価、報酬は本人が思っているより高かったりする。伝統を重んじ、古風で歴史ある組織、分野が得意かも。成功は遅めであるが、忍耐力と地道さで、堅実に地位を上げていく。




10ハウス × 天王星
天王星のハウスは、その人の個性や変化、わがまま、自由奔放がある場所を表している。転職や引っ越しが多い。個性が強過ぎて、1つの職業、職場に満足しきれないため、転職が多くなる。何度も人生の軌道修正する。一般的ではない、出世コースを探すのが上手い。社会的目標が普通ではない。反骨精神。ベンチャー企業。進歩的な分野が強い。予期せぬ成功と突然の没落。組織の改革力がある。先端産業に適する。




10ハウス × 海王星   
海王星があるハウスは、その人が感性的になるか、ナーバスになることを意味しています。社会に対して、ナーバスになるか、感性的になるか。感性を活かした仕事ならば、才能を発揮する可能性あり。アンテナも優れていて、世の中の人が望んでいるものを見出す才能がある。ただ、アーティストなど堅実さが無い仕事だったりするので、人から見て、地に足が付いていないように見られたりする。ユニークな職業を選ぶ傾向。占い師やヨガのインストラクター、癒しを与える仕事。インストラクターを活かしたクリエイティブな仕事。個人的名声に対して、過度に夢や幻想を抱いてしまうが、責任感の乏しさが足を引っ張るかもしれない。




10ハウス × 冥王星   
冥王星のあるハウスは、その人にとって、頂点、権力、破壊と再生があること意味します。社会において強大な権力を手にする可能性あり。でなくとも、性格的にプライドは高い。強烈な出世欲。どん欲。職業生活に、良くも悪くも波乱が起こりやすいので、安定志向はこの人の人生に合わないかも。職業面で大きな挫折感を受ける可能性がある。特異な職業的才能を持っているので、特殊分野のエキスパートになるかもしれない。